2020年02月17日

時計製造列伝

    時計製造を目指す

SANY8481.JPG 明治維新後、日本は大きく変わり近代化の一途を辿るが、その陰には様々なドラマがあり、それらは歴史の闇にと消え去っていった。
 特に幕末から明治に入り、和時計から西洋時計へと市場が動く事により、滅び去るものと、新たに新興するものとがぶつかり合い、ここにドラマが生まれる。
 明治初期の時計製造に関しては2つの発展方法があり、それらの中心にはかってこの地域を支配していた津田助左衛門門下の人々が大いに関わって来る。
 尾張藩の禄から離れた彼らはその生きるすべを西洋時計に求め、西洋時計製造に関わって行く事に、それが名古屋地域の時計産業発展の礎となる。
 津田家に居た杉浦藤七、後藤万蔵、彼らはその後西洋時計製造に大きな働きをして行く、杉浦藤七は直接西洋時計に参画はせず、時計製造のサポート役を果たす。
 杉浦藤七は津田家を辞し自ら時計商として店を持つ、一方後藤万蔵も東京の京屋の援助を受け名古屋市内玉屋町に時計商として独立する。

 東京でも同じ様に、和時計に携わって来た者達、大野徳三郎、水野伊和造が時計商をおこし、成功したことに刺激を受けて名古屋での西洋時計に参画であった。SANY8489.JPG
 日本の時計産業は和時計を生産していた者達と、明治以後に力をつけた資本家の時計産業への参画が合間っての複合での成果である。
 明治新政府が文明開化の名のもとに、近代産業育成の急務の中、先進技術の導入により日本を近代国家へと築く1つの政策でもあった。
 そんな状況下、東京、名古屋と西洋時計製造に江戸時代より受け継がれてきた技術と職人、それが西洋時計の製造と言う産業を興す原動力ともなった。

 一方でお抱え時計師は姿を消し、新勢力の西洋時計製造者、時代の流れがハッキリと分かる構図となり、明治の夜明けとも言われる近代産業の出発であった。
 後藤万蔵は名古屋の時計商として成功しただけではなく、明治30年に同時に西洋時計を製造し始める、「岐阜時計」、「高岡時計」の仕掛け人でもあり、高岡銅器の扱い、同じ商いの関係で、彼の援助より岐阜時計、高岡時計は名古屋よりの部品供給や技術の指導に力を注ぎ、2つの時計製造会社を設立させた陰の仕掛け人でもある。
 自身は時計製造をすることなく、時計商や商社的な商いに徹して、幅広く商品を扱い名古屋市玉屋町で大棚としての地位を確立、写真は明治当時の名古屋市内にあった後藤万蔵の店舗と時計台、名古屋の繁華街にひときは目を引く時計商として後藤万蔵は成功したのだ。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月16日

保管は

   興味がある
 毎年瀬戸の雛巡りがやって来るが、見学者から何SANY1113.JPG時も質問が集中するのが保管の事、つまり雛人形はどんなものに入れて保管してあるのかと言う事。
 特に聞きたいと言うのは享保雛の保管、あれだけ古いものを保管するにはどの様にしているのかと、この疑問が一番多く出るのだ。
 新しい雛人形でも保管に四苦八苦しているのに、古い時代のある雛人形をどの様に扱うのかと不思議に思われている。
 確かに古い雛人形の保管は神経を使うのは確か、特に享保雛は別格の扱い方をしているから、当然興味を持たれても当たり前の事。
 事実、私も保管については色々な人から忠告もして頂き、より良い保管をと考えているもので、神経を使う雛人形である。

 まず展示した雛人形は埃を取り除く事が先決、SANY1372.JPG軽くはたいて埃を落とし、少し乾燥させてからしまう事にしているが、何せ古いものなので扱いには神経を使い、それでも痛める失敗をすることも、だから自分でしか仕舞わないのだ。
 享保雛は約300年もの時代を経ている雛人形、そんな古いものが程度良く伝わって来たのは先人たちの努力、それを受け継いで行かないないとイケナイ、やはり衣装は劣化をしてる居るから特に慎重に、埃を除いた後首を抜き取り、本体とは別に保管し、湿気の心配のない茶箱に保管し、大事に扱っている。
 それでも痛める事になるので、雛人形を持つときには負荷が一番かからない様に、一点で持たない様にしており、バランスよく持つことに気を遣う、その後は和紙でくるむ事になる。
 やはり湿気は禁物、湿気が入らないように茶箱を使用し、貴重な巨砲雛はこの箱に入れて保管、虫除けの保存剤を使い、ひな人形の衣装を痛めない工夫、古いものを扱うのも大変な作業が必要となる。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月15日

ディスプレー

      お国の違い
SANY0857.JPG
 同じ目的の物を作っても、その気候風土の違いにより、出来上がる品物が全く違った物に仕上がるが、これは単に職人の趣味の違いによるものではない。
 生まれ育った環境にも多く来影響を与えるものであるが、文化の違いも大きな要素の1つであり、素材やデザインにも色濃く影響与えるものでもある。
 当然の事であるが、その国によっても違いが出るのは当たり前、長い文化の蓄積の中から生まれ出てくるもの、つまり短絡的に其の物が生まれ出ることは無い。
 歴史と文化が育てた上に立って生まれ出る物で、それは長い時間が育んだ末のもの、そんな伝統の上に成り立って物が出来上がるのであり、民族の証でもある。
 写真の時計のスタンド、下はイギリスの物、上は日本の物であり、イギリスのものはブロンズ製で、日本のものは当然の事木製、其々に文化の違いが表に出ている。
 西洋の物は「金属」、日本の物は「木」、この二つはハッキリと文化の違SANY0854.JPGいが分かる代表なものであり、金属と木製で明らかにお国柄がハッキリと出ているもの。

 その図柄も、ひとめ見れば歴然として文化の違いがあからさまに分かり、鉄の力強さと木の柔らかさが対照的に出ており、日本のものはシンプルであり、西洋のものは迫力がある。
 しかし、西洋物は大量生産であり、日本のものは少量生産、もしくは一個しか製造されていないかも、量産品と単品生産の違い等、そして日本製に付いて詳しく見れば、非常に手の込んだ仕事がされている。
 見かけはシンプルであるが、衝立上の板は引き出し式になっており、使わないときはスライドさせ本体の中に入る仕掛け、又その衝立の表面には木象嵌が施された豪華な造りである。
 国民性の違いと言うべきなのか、それとも考え方の違いなのかは判らないが、西洋と日本そこには受け継がれてきた歴史が、木の文化を受け継いだ日本人、木の温かさを表現したものとなっている。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク

2020年02月14日

見ただけで

   懐かしい
SANY0191.JPG
 年に何回か部屋の大掃除をさせられ、自分の部屋だけでもと掃除を始めるが、中々先に進まない。
 兎に角自分の部屋は荷物が多過ぎて、自分でも何処に何があるのか知らない位、だから掃除しているとツイツイ手が出てしまい、掃除が先に進まない。
 手が出るのは片付けようと荷物を手にするが、その荷物が気になって蓋を開け中身を見る事に、すると懐かしい荷物が目に入る事になる。
 今まで仕舞い込んであるから別に気にもしないが、それを見つければ当然記憶が浮かび上がって来て、掃除どころではなくなり、ツイツイ記憶を辿る事になる。
 それが色々なものであり、マッチ一つも記憶がよみがえり、懐かしさと当時の事が思い出され、手に取ってジックリと見直す事に。
 マッチ一つ手に取り、これが何時頃のものなのか途端に思い出し、その時の光景が頭の中に浮かび上がる事になるからだ。

 写真のマッチ、飛騨高山の長瀬旅館のもの、今はSANY0179.JPGもう営業していない高山でも老舗の旅館であったが、残念な事に廃業してしまった。
 市内の上三之町の一本裏の通りに黒塀に囲まれた落ち着いた旅館、今も現存している建物を見ると懐かしさが込み上げてくる。
 このマッチが気に入り、女将にお願いして10個も貰い、ボストンバックに詰めた思い出が、高山祭の獅子頭が版画で彫られ、独特な色使いで彩色されたマッチ、このマッチを見ると長瀬旅館の料理が思い出され、酒が進んだことを昨日の様に浮かんでくる。
 たかがマッチと言うけれど、私にとってはマッチは思い出の印、そのマッチを見るたびに当時が浮かんでくる導火線のようなもの。
 単なる火を付けるものではなく、その旅館の宣伝物でもあり、存在感を示す一つの道具であると私は認識しているのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月13日

ブリキの玩具

   飛行機
 ブリキの玩具、最近はあまり見かけなくSANY0462.JPGなってしまったが探せばまだあると思う、それも古いものではなく昭和40年代ものならまだまだある。
 古いものを探そうと思うと高くて手が出ないが、40年代のブリキの玩具、この時代からプラスチックが多くなりつつあり、混合になったものもある。
 つまり一部がプラスチックに変更されているもの、例えば車輪であったり、プロペラであったり、人間の顔であったりとプラスチックが使われている。
 この時代から混合が多く出回り、全部ブリキで出来ているものは少なくなって行き、その後のものはプラスチックに移行されてしまう。
 古いものはタイヤはゴム製品を使用していたが、これもプラスチックに変更され、趣も少し違ったものになってしまったが、それでも全部プラスチックよりもマシ、少し譲歩すればよい。
 何が何でもブリキと決めている人は別のとして、ムードだけでもと思えば妥協する事も出来、この範囲なら安くて良いものが手に入る。
SANY9486.JPG
 写真のブリキの飛行機、40年代のもの、車輪はまだゴムがつけられているが、プロペラはプラスチックに変更されているもの、この時代のものはプラスチックの部分が欠損している場合が多く、良く見て買わないと失敗する。
 安いからと言って良く見ないで買わない事だ、ついつい安いと良く見ないで買い込み、後から気が付いても失敗するから、飛び付いて買わない事。
 私も良く慌てて買い込んで後でやられたと思う事も、自分のせいなのに人にせいにしたいと思う心がなさけない、自己責任だ。
 この時代のものは箱も程度が良く残されているものが多いから、ジックリと探せばよいものに出会う、良いものを選んで買えばよい。
 やっぱり慌てない事が一番、ジックリと見極めてから買い込む事、それも足で稼げばまだまだ見つかるから、努力する事をお勧めする。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記