2019年05月26日

少し変

    はやりであるが

 SANY2920.JPG文明開化、明治期近代化を進める新政府の副産物として生まれたのが、これらのはやり物、数多く製造され近代化の先兵として日本に上陸した西洋時計、庶民の間では外国の新しいものとして持て囃され、憧れの物となった。
この時代、時計は西洋の憧れ、庶民には今までに無いもの、その上学校では子供たちが時計の勉強をしているから尚更の事、大人よりも子供が先に近代化に貢献、時間管理に逸早く慣れて行く事に、学校では時計を中心とした教育を実習。
 大人たちは当然その事にも気が付いており、子供に負けないとして時計に関心を寄せ、それが又西洋時計の流行となる事になる。
 以前、東京オリンピックの時、テレビが爆発的な売り上げを見せた時代、我も我もとテレビを買い込んだ明治期はそれ以上の盛り上がりであった事は確か、西洋への憧れも相まっての流行であったからで、そのはやりは本物であった。
 何時の時代も同じであるが、其れを商売に結び付け、色々なものが発売されて、庶民の間で流行って行く事になる。

 勿論その中に時計も含まれ、時計の形をした色々なものが世の中に、その一つが水滴、習字の道具として使われるもの、今みたいに墨汁は無く、自分で墨をすり習字を習ったもの、その必需品が水滴、だから子供たちには必要な道具。
SANY1993.JPG それに目を付けたのが製造業者であり、逸早く時計の形をした水滴が発売され、子供たちに人気を博した事は言うまでもない事。
 現存している時計の形をした水滴を観察すると、非常に面白い事が分かって来るもの、何処か変ん、気にしなくて見て居ると気が付かないが、ジックリと観察すると、間違っている事に気が付き、何でこうなるのかと思う事に。
 それは文字盤に書かれている数字、時計の中枢部分、これが間違っている事に気が付き、時計を知らないのかと思ってしまうが、まさか時計を知らずに、この水滴を造ってしまったのかと、それは無いとは言えず、そんな事を思ってしまう。
さて時計の形をした水滴、これを見て何処が違うものなのか、自分の目で確かめて下さい。簡単に分かる事だが、先入観が邪魔をして、気が付かないかも知れないから、自然に文字盤を見る事、ヤッパリ何処か変であると思う人、ジックリと観察して見つけ出してください、簡単なんだけどね。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話

2019年05月25日

連絡事項

   日本古時計保存協会浜松ミーティング開催
 恒例の日本古時計保存協会の浜松ミーティングを開催いたします。
 時、 6月9日 日曜日
 場所、浜松市東区小池町2543ー4 NKトレーディング事務所
 時間、11時30分開始
 会費、1500円 昼食代含む
 今回、蛎殻町製造の新たな時計が入りました、その説明も致します。
 尚、オークションも開催いたしますので参加ください。
    日本古時計保存協会 事 務 局
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月24日

代用品6

    こんなものまで  
SANY2095.JPG
 テレビ番組の中で瀬戸で製造された陶器のアイロンが紹介されました。
 少し前に日本古時計保存協会事務局に取材要請が入り、その中で戦前に作られた代用品を番組で取り上げたいので協力要請があり、資料を提供しました。
 内容は、磁器で出来た「栓抜き」、ガラスで出来た「時計の振り子」、ガラスで出来た「時計渦巻き鈴の台座」、陶器でできた「アイロン」等、戦前に尾張瀬戸で金属の代用品として、様々な代用品が製造されたものです。
 その中でもユニークな物として、栓抜きや振り子、そしてアイロンが注目され、取材陣はこのアイロンに興味津々であり、是非とも取り上げたいとの事。
 協会としては、資料を利用していただく事に大賛成であり協力を承諾、時間が無いとの取材陣の希望により、本来は現物をスタジオに持ち込むのが当たり前、しかし時間の都合上やもなく写真での出場となる。

 SANY2099.JPGSANY2098.JPGこのアイロン、とっての部分に当時のシールが残っており、それいよると吸入式蒸気アイロンとあり、しかも実用新案特許を取得している物、特にめずらし物です。
 しかし、実際に使用できたかは不明、スタッフも興味津々、アイロンの後ろ部分から水を吸入し、コンロに掛けあっためる事暫し、蒸気が噴出したら使用可能。
 使用方法はこの様に行うものだそうだが、果たして実際に蒸気アイロンとしての使命が果たされたのであろうか、いささか疑問でもあるが、使うわけには行かず不明のまま。
 写真ではわかりずらいが、アイロンの底には小さな穴が空いており、そこから蒸気が出る事になっている機構らしいが、こんな小さな穴1つで蒸気アイロンになるのか。
 それにしても、色々な物を代用品として作り出した、当時の職人たちには感動すら覚えるもの、代用品の本の一例に過ぎないものであるが。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月23日

相性

   巡り合い

 古時計を探し求めていると、何故かしら不思議な事に気が付く事に、それは幾ら追い求めても中々巡り合わない事、どうしてSANY9900.JPGも手に入れたい時計があり、それを幾ら探し続けても見つけ出せない事、目の前にあったとしても手に入らない。
 不思議なもので今までに何度か経験しているが、それが何だか分からないので人にも聞いてみたが、何故かしら他の人にはそんな事はあるのかと、ひょっとして自分だけがそんな目に合っているのかと思う事もあった。
 古いものを追いかけていると不思議な事に幾つも出くわす事に、幾ら探し続けても見つからないものと、探さなくとも手に入るものとがある事だ。
 それも偶然に手に入る事があるが、古時計があるはずのない所でそれは見つかる事も、偶然だけでは無いように思う。
 ある人が相性の合わないものは幾ら追い続けても逃げて行く、しかし反対に相性の良いものは向こうからやって来ると言うのだ。
 古いものを求め、追いかけていると何気なしに思うのは相性、何度となく見つけても自分の手に入らないものがそれだと思う、勿論、私が探しているものが私だけならば良いのだが、現実は他の人もそれを探し求めており、実際は早くそれを見つけた人が手に入れられるのだ。
 早く見つけ出すと言っても巡り合わないなければ手に入れられず、巡り合うことが肝心であるのだが、それが相性だと言うのだ、古い物には不思議な力が宿っていると言う人もいて、向こうが手に入れられる人を選ぶのだとも言うのだが果たしてそおだろうか、相性が良く、向こうが選んでくれなければそれは手に入れる事が難しく、手に入らない事が多いのだと言う人も多い。
 例えば何となく人との相性は分かるが、古い物との相性は自分には分からないもの、それをどう知るものなのか知りたいとも思うが、果たして相性とはどんなものなのか、不思議なものである事は分かるのだが、しかし実際にはどの様なものなのか分からない。
 古い物とはそんな不可解なものである事を認識し、相性の良いものを手に入れるしか方法がないとも言えるのではないかと思ってしまう、それが相性と言うものなのか。


続きを読む
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月22日

瀬戸の焼きそば

    ちょつとちがう

SANY1514.JPG 瀬戸の焼きそば、全国で色々な焼きそばが存在しているが、その中でも瀬戸の焼きそばは少し違っている。
 焼きそばは鉄板の上でそばを焼くから「焼きそば」と言われているが、味付けは様々なようである。
 全国の焼きそば、所によって違いがあり、色々な味付けがなされているが、やっぱりソース味が多いようだ。
 今B級グルメが盛んに行われており、焼きそばも又色々と参戦しており、各地の焼きそばが好評を博している。
 もちろん好き好きであるから、何処の焼きそばが良いとは言えないが、様々な焼きそばが存在している事は確か。
 そして中に入れる具も又色々、ビックリするようなものまであるが、それは例外として、キャベツが入っているものが多い。
 これも簡単に手に入る具材であるからだが、それだけではなく焼きそばにはぴったりの具であるからだと思う。
 キャベツと麺の組み合わせ、鉄板で焼くのには一番良い具材で、これにあみや.jpg勝るものはないと思える具材である。

 そしてもう一つが麺、入れも全国的にはいろいろな麺が使用されており、ラーメンと同じように種類も多い。
 太麺から細麺までいろいろな麺が使われ、それぞれの特色のある面が使われ、その土地その土地の麺が主役。
 瀬戸焼きそばで使用される面は少し細めの蒸し麺、ちょっと変わった麺であり、瀬戸焼きそばにはなくてはならない麺だ。
 この細くて蒸した麺でなければ瀬戸焼きそばには合わないので、必ず蒸し麺を使う、何故ならば瀬戸焼きそばは豚の煮汁を使うからだ。
 バラ肉が良いと言うが、その豚の肉を醤油と砂糖やそのほかの調味料で味をつけ、コトコトと時間をかけて煮る。
 その出し汁を蒸し麺にたっぷりとかけ、一気に焼そばを炒めるのだが、細麺でなければ早く味がしみこまない。
 独特の味付けが瀬戸焼きそばの特徴、他から来た人は醤油味で豚の煮汁のしみ込んだ焼そばを食べて驚くのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記