2017年03月11日

瀬戸の招き猫30

    其々の猫

 
SANY0228.JPG 瀬戸の招き猫、幕末から作られ現在まで続いているが、時代時代により様々に変化をとげ、時代の流れの足跡が。
 今までいろいろな招き猫を紹介して来たが、やはりよく時代を現していると思う、それは数多くの招き猫を見ないといけない。
 よく言われる数多くの物を見て、その特徴を覚える事が先決、それに勝る道はなしと思って今も多く見ている。
 しかし見れば見るほど奥が深い事に気が付き、いまだに分からない事ばかり、見れば見るほどよりわからないのだ。
SANY0233.JPG
 勿論、他の産地の招き猫との比較も含めて、特に伊万里の招き猫との比較が、そなん事が難しくてならない。
 瀬戸と伊万里、磁器の招き猫は良く似たものが作られており、素材の違いから、独特の色彩を含めて違いを見つけ出す事も。
 兎に角瀬戸と伊万里は比較され、招き猫の元祖は何方だとか、伊万里の招き猫の方が良いとか、それぞれの支持者も存在する。
 他地域の招き猫も違いがあるが、瀬戸の招き猫も違いが、瀬戸の招き猫の首、そこには前垂れと呼ばれるものが。
 あの伏見稲荷のお稲荷さんの使いキツネ、その首に付いているあれ、少し違うが瀬戸の招き猫の特徴となる前垂れ。DSCN1917.JPG
 初期物の招き猫は前田理ではなく、リボン状の紐が付けられており、首輪とも呼ばれているもの、其れが時代と共の前垂れの変化して行く。
 明治時代の招き猫には、このリボン状の紐が前垂れに変化、色々の色彩が施されたものになり、手の込んだ彩色が付く。
 この前垂れも時代の区別する材料となり得るもの、良く見るとそれぞれに違いが、これも瀬戸の招き猫の特徴でもある。
 今回の招き猫は明治時代に製造された瀬戸の招き猫、もちろん顔にも特徴が表れているが、前垂れが時代を告げている。
 この時代の招き猫は細部的にも色々と工夫され、前垂れの模様やきめ細かい手の込んだ作業が行われているSANY0247.JPG
 この招き猫高さ45センチ 横30センチと大きなもので、磁器製の招き猫としては大型の物、あまり多くなく数の少ない招き猫である。
 これが時代が下がるとともに、少しづつ簡略されて行く事になり、色だけの塗り分けとなって行くのだ。
 招き猫の手先をよく見て下さい、リアルに爪まで細かく作られている事が分かると思う、良く見ないと見落としてしまうのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記