2017年04月09日

親父の思い出

      これを見ると思い出す


SANY1301.JPG
 我家にある形の良い瓢箪、古いものである事は分かっているがこの瓢箪、私の父親が花見時期になると、この瓢箪に酒を入れて出かけていったのを思い出す。
 そんなに大きくない物、黒光りのしている高さ20センチくらいの大きさ、之に酒を入れても精々3合半しか入らず、花見時になると必ずこの瓢箪に酒が入り、親父と共に花見に姿を消す。

 行き先は愛知県豊田の平戸橋近くの本田邸の花見場所、毎年恒例の園遊会が開かれ招待客として行くのだが、普通のいでたちでは面白くないと、親父は趣向を凝らした姿で出かけるのが好きであった。
 園遊会には有名人も数多く招待されており、その中に行くのだから粋な格好でなければと、毎年どの姿をしてゆくのか頭を悩ましたに違いないと思われる。SANY1305.JPG

 子供の頃は、そんな親父に付いて園遊会に出かけた事も、しかし酒飲みの人ばかり、本来子供は入れず私は退屈で仕方なく、あちらこちらを歩き回った覚えがある。
 その頃は何で花見なんかが楽しいのか分からず、人ごみの多さだけが記憶に、ただ花見団子やお菓子は沢山あり、食べる事しか頭になかった。

 今思えば招待客の中には普段合えない人が多くいて、有名な陶芸家や芸能人、財界人も多く居たらしく、私みたいな子供は居なかったと思うのだが。

 覚えているのは「加藤唐九郎、荒川豊蔵」などで前にあった事のある人しか出てこないが、その他にも茶道の宗匠も居て普段はやっぱり会えない人ばかりSANY1303.JPGであったよし。
 親父がなくなって30数年が過ぎているが、この瓢箪を見ると当時の姿が目に浮かぶ、その時は何とも思っていなかった瓢箪だが、花見時になると思い出す。

 そう言えば瓢箪は育てるものと親父は良く口にしていたが、その意味が分かったのは最近の事、酒を入れては飲み、また酒を入れて飲む、そのうちに色よい風格のあるものに育つと言う、それがようやく分かりはじめた歳になったと言う事か。
 これからも、この瓢箪を育てたいが私は日本酒を飲まないから、果たしてどうなるものか。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月08日

実用灯具

      小さくても

SANY3789.JPG

 暗くなれば明かりがつく、別に気にもしないことだが、現代人は電気の事も意識していなくて、空気と同じくらいにしか思っていない。
 事実私もその類に違いなく、スイッチを押せば灯りがつくと思っているが、震災以後少し認識に変化が、日本中に走ったかもしれないのだ。
 空気と同じくらいに現代生活には普通のもの、何処にでもあると思っている人ばかりだったが、少し前の時代、明かりは貴重なものであった。

 家の何処にでも明かりが付くことは無く、必要な最小限度のところしか明かりが無かった時代、灯りに対する考えが、今の我々とは大きく違っていた。
 暮らしの中で長く居るところ以外は、明かSANY3787.JPGりは節約していたもの、全然明かりが無かったわけではなく、持ち運びできる灯りを使用していたのだ。

 蝋燭もしかり、持ち運びできる灯具を利用し、常に其処に置くことはなく、必用に応じて使うシステムを採用する合理性、長く居るところではない為に、その時だけ使用できればよかったのだ。
 その為に開発されたのが豆ランプ、普通のランプよりは小型のもの、特徴は何処にでも持ち運び出来る事、小さくして持ち運びは出来るが、明るくなければならない。

 豆ランプと言えども灯具、蝋燭の火よりも明るく、風が吹いても消えないもの、そして持ち運びも楽なもの、そんな条件を満たす為に作られたのが豆ランプ。
 しかし豆ランプにも種類があり、高級なものから安価なものまで色々と存在する。
SANY1064.JPG
 今回紹介するものは実用的な丈夫なもの、ブリキで作られたもので頑丈なものだ。
 見た目よりは実用的、しかも丈夫で明るいもの、一石三鳥のようなものだ。
 之もまめランプと言われるもの、ガラスではない為に現代人には好まれず、市場ではヤッパリ安価だが、時代の生き証人でもある豆ランプだ。
 豆ランプと言えばガラス物が取り上げられるが、実際に活躍したのはこの様なランプ、丈夫で使いやすいものが主流であった。
 ただ上の火屋はガラスでなければ光を通さないから普及品の安いもの、兎に角安くて実用的なものが好まれたようだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月07日

懐かしの音色

      使えない


SANY1056.JPG 少し前まで見かけた蓄音機、最近はメッキリと見かけなくなったように思うが、逸しか使われなくなって倉庫に、そして廃品回収にと、その為に激減してしまった。
 今は使えなくなった物を中々取っておく事もできず、不燃物として処理するしか方法がないものだが、その原因の1つが、鉄針が無くなってしまった事だ。
 昔の蓄音機はゼンマイ仕掛け、手動でゼンマイを巻いて使用するが、ゼンマイが生きていたとしても、鉄針が無ければレコードを聞けない。

 一番重要な部品、この部品は消耗品であり、何回かレコードを掛ければ針はダメになり、取り替えなければ聞けなくなるもの。
 磨り減った針を使用していると、大事なレコードを痛めてしまい、聴くことが出来なくなるので、こまめに鉄針を取り替えて聴かなくてはならない。SANY4727.JPG
 その鉄針は市場から消えてしまったので、蓄音機が聴けなくなってしまった事なのだ、勿論その他の原因もあるが、之が1番多いのだ。

 現在は鉄針を製造している所はないそうで、今まで製造された物を使用するしかないが、其れも中々手に入らないのが実状。
 その為に私は以前から鉄針が市場に出ている時に買い込んだもので、現在この先どけだけ蓄音機をかけても、必要充分な鉄針をストックしている。

 新品の200本入りの箱を200セット用意しているので、幾ら使用しても困る事はないと思っているのだが、最近友人が其れを知って、少しづつ持ち去ってゆくので少し心配だ。
 針を変える目安は、レコードを4回か5回聴いたら、針を換える事にしているから、200本SANY4731.JPG入りの針だと1000回聴け、その箱が200箱近くあるから安心だ。

 下の写真のように300本入りのお徳用もあり、その上のものも存在しているが、今は見かけなくなってしまった。
 レコード盤の事を考えると針は新しいものが一番良いと思うが、使い捨てをして行くと直ぐになくなってしまうことになる。

 良い音を聞きたいと思う人は大勢いると思うが、それには鉄張りをストックする事が大事なこと、良いものは大事にしないと。
 蓄音機の音色は今の電気仕掛のプレーヤよりも自然な音が聴こえ、少しの雑音が入るのも又楽しいもの、ヤッパリ人間味のある音が一番だと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月06日

失敗はつきもの

      何時もの事

SANY4802.JPG
 時計展を行うと必ずや事件が起こるもの、展示会場へ時計を搬送するにあたり、ある時は専門の業者さんにお願いする時と、予算の関係上業者さんが使えない事も。
 主催者の意向もあるから、一概に業者に運搬して貰わなくても、主催者独自で運搬する事もしばしば、当然厳重に梱包をして搬送するのだが。
 会場についてから、その先に危険が待ち構えている事が多く、馴れないスタッフが手伝いに入ると事件が、機械物であることは関係者も承知しているが、馴れ無いものを持つためにツイ手がすべる。

 古時計など扱った事のない人は、どの様にして持って良いのか分からず、持ち方もぎこちなく持ってしまうもの、危険な時は手渡しで時計を渡す時に起こる。
 大事な物であるからと頭で考えて、人に手渡す時につい力んで失敗する事に、相手が持った事を確認して手を離すはずが、渡しきれずに落としてしまう。DSCN0827.JPG
 いつも展示する時は少ない時でも古時計50台は出展、これを慣れない人が会場まで運ぶ事に、そこで事件は起こる事が多く、注意していてもヤッパリ起きる。

 こんな事を何回も経験しているから、重要な時計は自分で運ぶ事にしているが、その他の時計は他人に任さなくては仕事にならない。
 ディスクを恐れていてはとても展示は出来無いもので、多少の失敗は仕方がないと思って、常に展示すれば事件も起きると思っている。
  折角手伝ってくれた人が失敗して、関係者から怒られるのを見ると、こちらが恐縮する事に、本人も気を使って仕事をしたはず、不可抗力であり、責めてはいけない。

 DSCN0829.JPGそんな事で今回の失敗は私自身、壁に掛ける際、自分では掛けたつもりで手を離したが、しかし掛けたはずが架かっておらず、時計は落下。
 バラバラになって下に落ち、それを修復するのに時間をついやする始末、自分でしでかした事だが、他の人まで巻き込んでしまう事にもなる。
 その場の雰囲気が一変してしまい、嫌なムードになりかねない事も、そんな時は馬鹿笑いして周りを和ませるのが1番。
 展示に時計を移動させるのは当たり前、それが嫌なら展示は出来ないと思っており、やはり不可抗力は何時でも起こるもの。

 写真はバラバラな時計を修復している時に撮られたもの、この様なことが起きるのも身近な展示会場である証拠でもある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月05日

これも時計小物

      可愛いだるま



 SANY3761.JPG時計愛好家にとって時計は何時見ても興味をそそるもの、喩えそれが本物の時計でなくとも愛着が湧き、れを求めたいと思う。
 時計グッツは色々なものが出回っているが、どれを求めるかは本人次第、ある日とは写真であったり、ある人は置物であったり、ある人は絵画であったりと、やはり人様々。
 一時期時計の水滴が流行ったもので、時計愛好家はそれを求めて捜し歩いたが、今は静かになっているようだ、そんな流行もあるが、流行に左右されず我が道を行く人も多くいる。
 私の友人で紙物を専門に集めている人がいて、おもに版画であるが数が多く、古いものから新しいものまで、ありとあらゆる版画を集めている。
 人がどう云おうがお構いなし、人は人と我関せずの構え、ここまで徹していると感心するもの、逆にそこまでやるかと驚きにも似てる。
 写真の時計、非常に小さくて5センチと小型、寄木ダルマをモデルに作られたもの、この様な小SANY0082.JPGさな時計に関心を持つ人も多い、時計は動かなくても構わないらしい。
 時計の形をしていれば良いとの事、大きなものには興味もなく、小さなものしか集めない人、その人達にとっては、写真のような小物の時計は必須条件だ
 この様なリアルな小物もあるようで中々無いもの、あちらこちらと探し回っている人も、多くは持っていない物だが、価格は安いものだ。
 価格が安いものほど物が無いので、特に非売品となると愛好家の目の色が変わるもの、そんな小物の時計を集めて、だいの大人が探し回るのも滑稽だ。
 しかし、彼らにとってはそれが宝物に見えてくるもの、子供の玩具の時計までも、蒐集の対象であり、真面目に玩具屋に通いもする。
 そんな愛好家の人気のある時計小物が写真の時計、こんな物の何処が良いのかと思う人、それSANY0083.JPGは好き好きで、人には分からないかもしれない。
 愛好家にしてみればそれはお宝に見え、是非とも手に入れたいと思う。
 玩具であるが故、本物の時計でない事が良いと言うのだ。
 そして愛好者からは精密でない方がより時計に近づくように思われると言うのだ。
 本物の時計ではなく、そのムードを如何にして作り出しているかが見どころと言う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計裏話

2017年04月04日

エジソンの蓄音機

      まるでミシンみたい



 SANY5778.JPGエジソンの蓄音機、人間の声を再製する機械を発明したのがエジソン、1877年アメリカにて、トーマス、アルバ、エジソン(1847年〜1931年)が、声を再製する機械を発明。
 エジソンは自分の声を再製する機械を作る事を目指し、研究を重ねた結果、自分で歌を歌い、その声を録音、再生に成功する。
 その再生方法は、大きなラッパの前で「メリーさん羊」の歌を歌い、それを錫箔の円筒形の物を回転させ、エジソンが歌を歌うとラッパから声の振動が錫箔に伝わり、錫箔に溝を刻む。

 その溝を刻んだ円筒形の筒を、再生機にかけるとエジソンの声で、「メリーさんの羊」の歌が聞こえる仕組み、これを改良して蓄音機が出来た。
 エジソンと言えば「メリーさんの羊」と覚えている人も多いと思う、これは世界に知れ渡った実話、蓄音機と言えばエジソン。SANY5810.JPG
 エジソンと言えば「メリーさんの羊」とまで言われる由縁、事実、人間の声を再製する機械を発明したのだから、超有名である事は当たり前の事。

 このエジソンの蓄音機、見た事のない人も多いが、実際に見るとこれが蓄音機きと疑うようだが、それも仕方がないかも知れないのだ。
 写真がエジソンの蓄音機、改良型で当時1番大きなラッパが付いていた物だが、その本体はコンパクトなミシンみたいな格好をしている。

 これが有名なエジソンの蓄音機かと、不思議がる人もまた多く、実際に声を聞いてみないと蓄音機と思わないらしいが、声を聞いた人は逆に驚いてしまう。
 こんな物が人間の声を再製するとは考え難いと、やっぱりミシンでしかないと思われる位、そんな形
と機械であるSANY5781.JPG
 このロウカンの蓄音機、製造効率が良くないためにすぐに製造中止に追い込まれることになる。

 それはデスク式のレコードが発明され、効率の悪いロウカン式の蓄音機は衰退して行くことになる。
 ほんの一時期活躍したロウカン式の蓄音機、時代の波に押し流されてしまう。

 







posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月03日

独自の発達

           素材も色々



SANY9467.JPG 掛時計の振り子室の扉、この扉には色々な装飾が施されている物があるが、その中でも特殊な装飾を施されている時計があり、特に古い時計に多いようだ。
 普通の時計の振り子室の飾りと言えば、ガラスに施される絵もしくは線、大抵の時計はこの様な仕様になっていることが多く、簡単な物がほとんどと言って良い。

 例えば線のみで円形の形や菱形の形を描くものが多く、後は写真が貼られているものや、絵が描かれているが、今回紹介するものは、薄い板を切り抜いて装飾した物。
 古い時計に良く見られる木象嵌が時計全体に施されたもの、イギリス製の掛時計などに良くあるものだが、大抵の場合は振り子室のガラスは装飾がないものが多い。SANY2645.JPG

 時計全体に象嵌されているので、振り子室にはシンブルなガラスのみ、それが時計を引き締める1つのデザインなのか、この時計をモデルとして、アメリカで製造された時計。
 それらの時計にはイギリス製にない装飾が施されており、本国の時計とは少し形式が違った物に、あえてイギリス本国の時計とは違うデザインにしたのだ。

 形こそは良く似た物であるが、そこはアメリカ人のフロンティア、スピリットかも知れず、同じ物では面白くなく、また真似だけではプライドが許さなかった。
 そんな思いで、本国の時計とは一線を隠した物を製造したのであろうか、写真の時計の振り子室に施された装飾、ガラスに直接つけるのではなく、手作SANY2649.JPGくりで施された一枚板。

 技術的なものではなく、何処となく温かみのある造りになっているのも、カントリーらしさを表した物なのか、アメリカ人の心意気かもしれない。

 イギリス製の象嵌入りの時計も存在しているが、この時計のように素朴なものではなく高級感のあるもの。
 アメリカの当時の意気込みが伺える造りとなっているのも面白い。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計裏話

2017年04月02日

不思議です

      昔の玩具は華が
 
SANY1242.JPG
 今のものと違って素朴であるが、それが何ともいえない良い雰囲気を持っているもの、豪華でなく素材も良くは無く、見た目にはパッとしない物が殆どだ。
 現在の玩具は豪華すぎて、そして値段も高く子供の玩具なのに何故あんなに高くする必要があるのか、何時も孫の玩具を買うときに疑問を持っている。

 昔の玩具は安くても色々な工夫がされ、単純であるが故に何時までも飽きず、長く使用出来丈夫でもあり、製作者が子供の為に作ったと思われるものでもあった。

 しかし、現代の玩具は製造所が儲けるために作ったものであり、流行や派手さを追及して子供の購入意識を誘うように出来ているものが殆ど、子供を喜ばせようとする物にあらず。SANY1235.JPG
 利益を追求する為に作られたもの、商売だからやもうえないかもしれないが、やっぱり商業主義が先行しているようであり、余り感心しないものが多い。

 写真の玩具、見た目には不思議な形をしているが、之で遊んだ方は懐かしく思えるのではないだろうか、注射器の要領で親指で、右端の先端を押すと、卵型のものが回転し出す。

 するとドーム型の部分が開き、中から小鳥が出てくる仕掛け、仕掛けはバネと歯車の組み合わせ、押す事によってはぐるまが回転し、上に付いているドームが回る仕組み。
 シンプルな仕掛けであるが、実に良く考えてあり、仕掛けを考え出した人に頭が下がる思い、子供の驚く顔が見えるような玩具、この様に何時までも使えて今なを新鮮さを放つ玩具が、現在幾つあるのか。

 現在のように高価な玩具ばかりで、子供が買うような値段ではないものがあふれ、それを大人が買い求めているのもおかしな話。
 子供が簡単に買えるような値段で、それでいてシンプル且面白いものを作り出してやることが、大人の務めだと思うが、悲しいかな商業主義に走り過ぎである。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク

2017年04月01日

宝物3

      時計には付き物


 SANY1747.JPG古時計には付き物があり、1つは振り子、もう1つは鍵、この二つがなければ時計は動かないもの、古い時計はゼンマイ式でネジを巻き時計の動力となるが、之を巻くには鍵が必要。
 そして時計が連動運動するには振り子が必要、振り子がなければ正確に時間を出すことは出来ないもの、この2つが無ければ時計として成り立たないが、振り子も鍵も1つづつあればよい。

 しかし、古時計の中には鍵が無かったり、振り子が付いていなかったりと、状態は様々有、古い物なので無くなってしまったものも多く、無ければ時計は動かない。
 時計愛好家はその為に、予備の振り子や鍵を持っている人が多く、案外この振り子がかさばって邪魔になることも、必要ではあるが多くあれば邪魔になる。
SANY1751.JPG
 古時計は色々な状態のものが市場に出回っており、製造された当時のままの振り子が付いているもの、そうでないものとがあり、これも頭を悩ませる一つと言えよう。
 そんな事もあるから予備の振り子も沢山持っていないと、イザという時に困ることになり、必要に応じて振り子をストックしている。
 何時もの事であるが、必要な時に無いと困り果てるものだが、普段はやっぱり邪魔な存在、しかし、無ければ困るから段ボール箱に入れて保管していた。
 そんなおり、娘が学校の工作で箱を作るが、どんな物が良いのかと相談してきたのが、30年も前の夏休みの時、宿題でどんな箱でも良いから作ってくるようにとの事。

 そこで、簡単で頑丈な箱が良いと教えたが、その後学校へ持って行き秋に持って返ったときには、外側にざくろの彫刻が施された頑丈な箱をSANY1749.JPG持って帰ってきた。
 写真の箱が其の箱、私へのプレゼントであったようで、私に聞いてから学校で製作したようだ、其れ以来振り子や鍵を入れる箱として、30年経った現在でも私の手元で活躍している。
 娘も嫁いで行ったが、この箱は私の宝物であり、重い物を入れても壊れないようにと、頑丈に作ってくれたのに感謝して、いつも手元に置いてある箱でもある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記