2017年05月03日

またまた追い出し

    この時期になると

 
SANY1463.JPG 我が家の狭い車庫にモッコウバラが植えてあるが、この時期になると車は追い出しを食らう事になるのだ。
 3月頃からだんだんと弦を伸ばし始め、4月中には車庫の仕切りを超えはじめ、またたくまに車庫を占領。
 その弦の勢いは想像を超え、あっという間に伸び、車の上にかぶさるように伸び、その都度弦を切るのだ。

 すると妻が何で切るのかと、勿論車が入らなくなるからだが、妻は車が入らなくなるよりも、モッコウバラの方に軍配を上げる。
 折角冬を過ごして、今一番良い時期が来たのに、少しの間だけ車は遠慮してと言うが、伸びた弦は切ればよい。
 別に車庫全体に伸ばす必要がなく、ある程度のところで切れば問題なく車は入るが、それ以上に伸ばせば支障が出る。SANY1459.JPG

 車の上に垂れ下がり、風で車を傷つける事になるからだが、妻は其れなら車は外に置いてと、車を追い出してしまうのだ。
 少しの間花が咲くから、花が散ればすぐに枝を切るからと、しかしすぐにと言われても2、3日のことではなく、10日追い出されるのだ。
 こちらとしては10日も車を外に置くことは反対だと、確かに車は前の駐車場に入れれば済むが、少しは歩かねばならない。

 何でモッコウバラのせいで、車を外に置かなければいけないのか、納得がゆかないから、弦を切ればよいのだ。
 弦の伸び放題にしなくても、ある程度伸ばせばそれで良い、それ以上に伸ばす必要がないと思う。
 そんなやり取りがこの時期になると毎日の事、その上SANY1455.JPG風の強い時には花弁が飛び散り、近所に拡散するのだ。

 それでなくとも車庫は花弁のカスで一杯、あちらに行ったり、こちらに行ったりと始末に悪い、だから少ない方が良い。
 そしてこのモッコウバラが終わらないうちに、黒竹が元気になっており、すでにタケノコが頭を出している。
 モッコウバラの次が今度はタケノコ、これが生えだすとまた、取り除くか残すかでまたまた意見が分かれる事になる。
 花が先か車が先か、くだらない事の張り合いで、何時もこの時期の恒例行事みたいなもの、それにしてもよく伸びる。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記