2017年05月11日

自家製です

      我 家 の 食


 SANY1904.JPG野菜は新鮮な物がよいのは当たり前であるが、中々新鮮な物は手に入らないもの、スーパーの店頭で販売されている物は、収穫してから時間がたっているもの。

 当然の事、いかに流通経路が発達していても、時間が掛かるのは当たり前、店頭で新鮮な野菜と売っているが、朝収穫した物と比べれば明らかに違うもの。
 現在の野菜は農家から直接買い付ける意外には、新鮮な野菜を食べる事が出来ないものだが、そんな悩みに答えたのが家庭菜園、自分で野菜を作る事。

 とは言っても直ぐに野菜を作る事は出来ないのが普通、まずは栽培する畑が必要であるからだが、そんなおりにテレビで簡単に野菜の作る方法を実況していたらしい。
 その答えとは、プランターで野菜を栽培する事、SANY1906.JPG小さな場所でもプランターが置ければ栽培出来るとの事らしい、早速実行に入ってしまったのは言うまでもない。

 早速ホームセンターでプランターを買い込み、テレビで見た通り実行に移る。
 其れ以来、我家では家庭菜園が盛んになり、トマト、レタス、ねぎ、ピーマン、ゴーヤなど、手近に出来る野菜を栽培して食卓に上がる事に、確かに新鮮な物ができ、新鮮な野菜を食べれる事に。
 しかし、その量を間違えると、新鮮さは抜群であり、瑞々しい野菜は食べる事が出来るが、毎日おなじものを食べるのは迷惑でも、ソコソコの量であれば其れも良いが。

 出来すぎても困りもので、収穫すれば食べるSANY1908.JPGのが当たり前、でも毎日同じものでは、いかに新鮮な物でも苦痛になるのも人の常、過ぎたるは何とかである。
 人と言うものは贅沢なもので、新鮮なものでも毎日では飽きるし、されど古いものも嫌である事は確か、贅沢な話である。

 毎日毎日同じものではと、食の安全は兎も角も、やはり変化のあるものも食べなければ、満足しない生きものである。
 写真は今日の我家の栽培所、プランターが幾つもあって、旬の野菜が出来つつあり、収穫すれば当然食卓に上がる事必定、先が思いやられるかもしれない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記