2017年06月10日

時の記念日展

   恒例の展示


 
 SANY1868.JPG日本古時計保存協会の恒例、時の記念日展が開催されている瀬戸市の古民家久米邸、会員さんの収集品が展示されている。
 毎年の事であるが、どの古時計を展示するのかで今年も四苦八苦、去年おばさま達からの変わり映えがしないとの厳しい指摘。
 それを如何にして答えるか、当初から四苦八苦の状況であったが、何とか開催にこぎつけた。

 おばさま達の厳しい指摘は当然のように胸に突き刺さり、今年は指摘されないSANY1961.JPG様にと、展示に工夫をした。
 しかし定番の古時計は展示しなければならず、そこをどうつくろうか思案のしどころと頭をひねる。
 勿論展示したい古時計は山ほどあるが、展示会場が限られており、100台位が限度である。

 その中で当然こちらとしては歴史的に価値のある古時計を展示したくて、その数も多くあり、他との調整に頭を悩ますことに。
 時の記念日展であることで、これにまつわる古時計は外せず、かと言っておばさま方の指摘が胸に、そんSANY1842.JPGな訳で台数も絞られる。
 スタッフから色々に意見が出、意見の集約をした結果、方針が決定、今年はカラクリ付きの古時計を中心にすることに。

 カラクリ付きと言えば鳩時計かフクロウ時計、この二つが主なもの、勿論高級な海外の古時計があるがそれは問題外。
 身近で楽しいカラクリ時計はやっぱりフクロウ時計、その中でも子持ちのフクロウ時計が一番人気。

 そんな事で会員さんの手持ちのフクロウ時計を集合SANY1846.JPGさせるが、逆に数が多くなり、慌ててお断りする始末。
 折角申し出てくれた会員さんには申し訳ないが、何せ会場が狭いため展示数に限りがあり、断らざろう得ない。

 するとスタッフから、どの古時計を正面に持って来るのかと、様々な意見が出て掛場所が定まらない。
 またまた意見続出、絶対にフクロウ時計が正面と言い張る者も、しかし時の記念日展であることを忘れてはいけない、定番の古時計が定位置に収まり、最後は決着して開催の運びとなる。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記