2018年04月08日

卯の花

      早すぎる初夏

SANY6360.JPG 春がきて桜が散ったと思ったらもう初夏のよう、若葉が一斉に葉を茂らす時期、四季の内で1番活動的な季節、「風薫る風」等とも云われ、若葉が目にしみるようになる。
 古来から歌にもしばしば登場する「杜鵑ホトトギス」、この鳥いわくのある鳥らしく中国蜀の王が、国を離れて諸国をさまよい続け、やがて其の魂が鳥になったと云う伝説の鳥、それがホトトギス。
 日本でも古くから夏を告げる鳥として珍重されてきたし、多くの里山に飛来して夏を告げる使者、この鳥渡り鳥であり中国から渡ってくるらしく、逸話をもってやってきた鳥。
 ホトトギス、漢字では色々な書き方をされているが、伝説の鳥は(不如帰)と書くらしく、蜀の王がさまよい続け今だ帰らずとのたとえらしく、字もそれに当てはめて書くと言う。

 その他、杜鵑、不如帰、時鳥、など色々な書SANY6356.JPGき方をし、その背景により字が変わるらしいが、現在はあまり気にしなくなり、季節感も薄れ、またホトトギスじたい知らない人が多くなった。
 「卯の花の匂う垣根に、ホトトギス早やも来鳴きて、忍び音もらす、夏は来ぬ」 と歌に歌われているが如く、初夏の代名詞「卯の花とホトトギス」。
 しかし、現在卯の花垣根を見る事はあまり無くなり、卯の花自体見た事が無い人も多いのでは、歌に歌われた「花も鳥も」見た事が無い人ばかりになってしまった様だ。
 歌は知っていても、ホトトギスがどんな鳥か、卯の花がどんな花か忘れられ、日本の風情もまた無くなりつつある様で嘆かわしいが、以前はホトトギスの鳴き声を、「特許許可局」とか「テッペンカケタカ」と鳴くように聞こえると教えたものだが。
 今は、その鳴き声も聞けなくなったから、如何説明していいか分からないが、昔の人はウマく鳴き声を伝えたものだと感心するが、今の人に「特許許可局」と言っても知らないだろう。
 「卯の花垣」、「ホトトギス」、今に忘れ去られるよう、写真は卯の花、このところ日本の気候風土が段々と変わってきている事の現われでもあるようだ。 




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記