2018年05月06日

缶ピース

      今も昔も

 SANY6632.JPG私は今も煙草を止めずに吸い続けている一人、友人は何人か煙草を止め仲間も年々少なくなってゆくが、煙草を止めようと思ったことは今までにない。
 学生時代に吸い出したが、別にヘビースモーカーではなく1日に1箱程度、煙草を吸う者にとっては平均的な量、だからと言って体に良いとも思っていない。
 学生以来吸い続けていて良いとは思わないが、止めるつもりもない愛煙家、学生時代に吸い出したのは安い煙草の「朝日」、この煙草が1番長く吸っていたもの。
 朝日は安くてキツイ煙草、バットや朝日の煙草を吸いだすと周りの人が嫌な顔をするのだ、匂いが他のタバコより臭いらしく、吸っている本人は気にしないのであるが。

 この朝日の煙草、一本のうち半分くらいしかタバコの葉がなく、後は空洞の筒状になっており、その筒を指でつSANY1181.JPGぶして吸うのが粋、左手と右手で十字になるように潰す。
 つまりフィルターの役割をしている様に潰さなくてはいけないのだが、馴れないと上手く潰せないもの、之を潰して吸うのが粋であると信じて学生時代は通した。
 その後色々な煙草を吸ったがやっぱり落着く所に落着いたのがビー缶、決して体に良い選択ではなかった様で、周りからは世の中の流に逆行しているといわれる。
 今でも缶ピースの愛煙家、フィルターの無い両切りと言われる煙草、缶を開けた時のあの匂い、ピース独特の甘い香りが鼻から入ってくる瞬間が実に良い。
 しかし今は私がタバコを吸い出すと一斉に私を見る、やっぱり直ぐにきついタバコと分かるらしい。
 その目は私に向けられ、どんな煙草を吸っているのかと、そして匂いがきついと感じているらしく、迷惑そうな態度、これには恐縮する。
 しかしこれぞ誠の煙草、タールやニコチンなんぞ知らないし、これからもこのピー缶を吸い続けるものと確信している今日この頃、人様は体に良くない邪道だというが、これに勝るタバコはないと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月05日

端午の節句

      室  内  用     
SANY1831.JPG
 5月5日は子供の日、あちらこちらで鯉幟を見る機会が増えているが、大きな物は最近では少なくなってしまったようで、其れも時代なのかと思うこの頃ろ。
 我家に伝わる幟、明治時代と思われるが親父の物なのか、それとも爺さんのものか分からず、我々の5月人形は今でも家にあり、毎年飾っていないが保管箱の中で眠っている。
 母親にこの幟旗について聞いたことが無く、子供の頃に我々の5月人形を出す時に、何時も目にしていたが、そのいわれについて聞くのを忘れ、現在も分からずじまいだ。
 この幟旗はそんなに大きくなくて、長さが2.3メートル位の長さしかないもの、小さい時の記憶だが、おぼろげながら飾ってあるのを見た記憶もあるような、そんな程度。
 我家を新築する時に、母親がこの幟旗を持って行くようにと渡され、我家にやってきたが、その後1、2度飾ったきりで後は保管箱の中、久し振りに出してみた。

 SANY6363.JPGSANY1835.JPG今の幟旗みたいに大きな物ではなく、もちろん手描きの質素な物、横幅40センチ位の大きさ、天井からぎりぎりで床までの長さ、描かれているのは鍾鬼ではない。
 描かれているのが、どう言う人物であるのか分からないが、上には松の枝が描かれ、一番下には龍の絵、なぜこの様な構図なのか知る良しもないが、やっぱりお袋にいわれを聞いておけばよかったと後悔している。
 今の幟の図と大きく違い、あまり古い幟旗を研究したことが無いので、比較にならないと思うが、現在の幟は良く目にするが、松の枝が描かれている物は無いと思う。
 図柄は兎も角も、我家に伝わってきたものは確か、今後は節句には出して、飾ってやらねばと思っているが、この幟と鎧兜とは何だか昔に返ったような気もする。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月03日

ハクトウワシ

      巨 大 で す
 SANY1333.JPG時計上部に付いている飾り、この飾りは時計の種類により色々なものがつけられているが、1つには装飾的なものが殆どであるが、その中には国のシンボルがつけられていることもある。
 世界の時計を観察すると、国にまつわる物がさり気なくつけられている事もあり、それとは気づく事の無いのが多いが、明らかに之は国をあらわしていると思われるものもある。
 その代表的なものが、アメリカ製のバンジョン時計の頭部につけられている飾りが其れ、鳥の飾りがつけられているが、この鳥アメリカの国鳥、ハクトウワシが頭部につけられている。

 私もよくバンジョン時計を目にしていたが、はじめは単なる飾りとしか思っていなかったが、ふとした切っ掛けでハクトウワシと気づき、時計にもアメリカらしい物が付いていると思う様になった。SANY4442.JPG
 その点日本の時計には、こうした飾りは付いていなくて、別の飾りがつけられており、国をあらわすものは付いていない事に気づく、之もお国柄の違いなのか。
 写真の飾り、バンジョン時計の上部に付けられているハクトウワシの飾り、殆どのバンジョン時計には、このハクトウワシの飾りが付くのも何故であろうか。
 詳しいことは知らないが、他の時計上部にはあからさまにハクトウワシが付いていなくて、少しシンプルに付けられている物が多いのも、何故であろうか。
 意図的にバンジョン時計だけに多くつけたのか、偶々その様なデザインになってしまったのか、真実を知ることは出来ないが、この時計にはハクトウワシの飾りが1番よく似合っていると思う。
 下の写真は掛時計の振り子室のラベル、ここにもハクトウ鷲の図柄が付いている。
 日本の時計に、このハクトウワシを真似て飾りにつけられている時計は、精工舎製のスリゲル型、通称「小鷹」と呼ばれる時計の上部に鷲が付けられている。 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月01日

恵比寿さん

      福の神とも

 SANY3652.JPG七福神の柱的存在の恵比寿、日本の神様の代表格としても知られているが、この恵比寿、実は渡来人の神様である事はあまり知られていない。
 そもそも、「夷」とは渡来人を指す言葉や外国を指す言葉、日本以外の土地をさすものとされているが、日本の神様の仲間入りをしている。
 狩衣姿をして、右手には釣竿を持ち、左手には鯛を抱きかかえた姿をした神様、七福神の中、大黒天とは親子とされている。
 この恵比寿さん、馴染み深い神様で「客神」、「門客神」、「蕃神」とも呼ばれいるが、漁業の神様として奉られている事が多い。
 えびすには海の鯨やいるか等の大きな魚の事を指すもの、その為に海に従事する者にとっての漁業の神様であり、海の恵みを授けてくれる神である。

 また、古くは平安時代から既に商売の神様としても信仰され、鎌倉時代には市場の守り神とされ、奉られていたようである。
 関西では「えびっさん、えべっさんSANY6627.JPG」とか呼ばれて、親しみ深い商売の神様として庶民に信仰されている神様でもある。
 日本全国形としてはどうあれ、親しみやすくて身近な神様である事には変わりなく、一般庶民に絶大な人気のある神様であるようだ。
 その恵比寿さんを模った土人形、福の神として飾られるもの、恵比寿と言えば鯛と付きものであるが、この土人形、海老を持った恵比寿さん。
 海の恵みの神様であるから、海のものなら何でもよい筈であるが、恵比寿さんと言えば鯛とのイメージが強くて、海老を持っていると何だか違うのかと思ってしまうが、お目出度い福の神である。
 この様な土人形もまた、一般庶民が恵比寿に対する親しみのある信仰心から生まれたもの、お目出度い縁起物である。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記