2018年05月02日

リモージュ

      ブルー焼き物

SANY6501.JPG 中国の焼き物がヨーロッパの貴族を魅了したことは有名な話、当時の貴族はこぞって中国の焼き物を買い入れて城に飾り、自分の富と権力を誇示した。
 当時はヨーロッパでは透き通った白い焼き物は作れなかったので、貴族たちは中国の白い透き通った焼き物に魅せれら、誰もが其の焼き物を買い入れた。
 ある貴族の城には、現在でも当時買いこんだ中国の焼き物が、城一杯に飾られている処があると言う、それほどまでに当時のヨーロッパ貴族を魅了した焼き物、中国景徳鎮で製造された焼き物である。
 その後ヨーロッパの貴族は自分たちで透き通った白い焼き物を製造しようと、お抱えの職人に白い焼き物を作る事を命じ、多くの職人が其れを作り出すことに専念する。
 しかし、何れの職人も当時の中国の焼き物を再現することは中々出来ず、長い年月を要して白い透き通った焼き物を作り出すために東奔西走する事となる。
SANY1441.JPG
 そしてフランスやドイツが其の白い焼き物を製造することに成功、一方はマイセンであり、もう片方はリモージュで、この両者がその後のヨーロッパ市場を独占する。
 写真の焼き物はリモージュ焼きのウイスキーボトル、鮮やかな色ブルーの釉薬のかかった物、前からこのボトルが欲しくて手に入れたもの、何とも言えないブールの焼き物がよい。
 フランスらしい洗練された色、ギリシャ神話のケンタウロスをデザインしたウイスキーボトル、もちろん中身も美味しいが其れよりもこの焼き物自体が美味しいのだ。
 ちなみに現在は瀬戸とリモージュは、焼き物を通じての共通の生産地として、両市は姉妹都市として提携を結んでいる。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記