2018年05月03日

ハクトウワシ

      巨 大 で す
 SANY1333.JPG時計上部に付いている飾り、この飾りは時計の種類により色々なものがつけられているが、1つには装飾的なものが殆どであるが、その中には国のシンボルがつけられていることもある。
 世界の時計を観察すると、国にまつわる物がさり気なくつけられている事もあり、それとは気づく事の無いのが多いが、明らかに之は国をあらわしていると思われるものもある。
 その代表的なものが、アメリカ製のバンジョン時計の頭部につけられている飾りが其れ、鳥の飾りがつけられているが、この鳥アメリカの国鳥、ハクトウワシが頭部につけられている。

 私もよくバンジョン時計を目にしていたが、はじめは単なる飾りとしか思っていなかったが、ふとした切っ掛けでハクトウワシと気づき、時計にもアメリカらしい物が付いていると思う様になった。SANY4442.JPG
 その点日本の時計には、こうした飾りは付いていなくて、別の飾りがつけられており、国をあらわすものは付いていない事に気づく、之もお国柄の違いなのか。
 写真の飾り、バンジョン時計の上部に付けられているハクトウワシの飾り、殆どのバンジョン時計には、このハクトウワシの飾りが付くのも何故であろうか。
 詳しいことは知らないが、他の時計上部にはあからさまにハクトウワシが付いていなくて、少しシンプルに付けられている物が多いのも、何故であろうか。
 意図的にバンジョン時計だけに多くつけたのか、偶々その様なデザインになってしまったのか、真実を知ることは出来ないが、この時計にはハクトウワシの飾りが1番よく似合っていると思う。
 下の写真は掛時計の振り子室のラベル、ここにもハクトウ鷲の図柄が付いている。
 日本の時計に、このハクトウワシを真似て飾りにつけられている時計は、精工舎製のスリゲル型、通称「小鷹」と呼ばれる時計の上部に鷲が付けられている。 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記