2018年06月19日

オブジェ

   作品の意図

SANY7064.JPG オブジェとは難しく言えば物体とか、客体とか言うらしいが私にはなかなか理解しがたいもの、象徴的、幻想的とからしい。
 難しすぎて理解できないと思うが、表現が何であれ出来上がった物体である事は理解できるように思う、しかしやっぱり難しい。
 そんなオブジェ、探してみれば色々な所にあり、今まで気付かなかっただけの事、それだけ関心が無かったと言う事だ。
 芸術とはそんなものでもあるらしいが、私には難しすぎて見た目しか分からないもの、しかしあちこちに存在もしている。SANY7068.JPG
 どれが芸術であるかは分からないが、見て分かりやすいものの方が取っ付き易いと思う事も、見ても分からないものも多い。

 これが何であるかはその人が作り上げた真意を知らないと実感できないものでもあり、知ったとしてもやはり難しい。
 瀬戸市の古民家久米邸にはそんなオブジェが多くあり、つい目にすることになるが意味不明なものも多く、これが芸術かとも思う。
 作品は芸大の生徒のものが多く意欲的な作品であると思うが、今回のものもそれ、私には理解できないものである。
 聞く所によると一つは太陽の塔、一つは豆まきと言うが確かにそれらしきものではあるが、やはり難しくて理解不能と思える。SANY7075.JPG
 しかしそれがオブジェなのかも知れない、凡人には中々その真意が分からず、抽象的過ぎるように思えるのだ。





posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記