2018年09月07日

個性の表し方

    それぞれに違うもの

 SANY7222.JPG古時計には個性を強くあらわしたものが存在しており、それを変形型と呼んでいるようだが、製造者の意図も存在している。
 過当競争を勝ち抜くために、色々な形で個性を前面に打ち出す事によって、他社との違いを際立たせるために作られたと思う。
 普通のものと違う時計を求めようとする人たちに向け、製造者は思案した上、個性をどの様に表現するか、やはり苦労したと思うが。
 現在残っている古時計を見て、当時の担当者が如何に考えた末に、商品として造り出したものと思えるが、そこには切羽詰まった事情もあった。
 今の世の中でも同じように、他社との住み分けを如何にして表すか、それが販売に役立つのか、市場の動向如何である。
 売れるか、売れないか、販売を拡大するために新たな物を造り出したが、売れなければ自分の首を絞める事になる。
 良いものを開発して市場に提供する事が、新たな物を造ったが故に失敗、それが即経営に響く事は十分理解している。
 
 DSCN2125.JPGしかし、新たなものを提供する事は博打に近い、当たらなければならないものが、思い通りになるかは未知数である。
 当時のカタログを見ても、変形時計は数か少なく、一種独特のものだと感じるが、それを得意とした製造会社も存在した。
 あえて他社が造り出さないものを、果敢に製造する逆手商売、その為に市場の動向を見極めて、売り出したのだ。
 大量生産ではなく、少量で変化の大きなものを製造、種類を増やす事により、職人の力量が前面に出る。  少しの改造で全く違った時計を生み出すこと、コスト面も重要な要素であり、手間のかかる仕事は禁物でもあったようだ。
 コスト高では市場に打ち勝つ事は出来ないから、材質にしても、手間のかからなくて、それでいて個性を出すのは大変。
 写真の様に他とは少し違ったものを、簡単に製造できるように工夫、職人の意地と力量が表れているもの、普通の物と少し違うものに変化する、こんな小さな事も他社との違いを表したものなのだと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

おもしろい

      あ そ び 心
SANY1410.JPG
 時計は時間を計るもの、正確でなければ意味をなさないもの、機械的で正確無比なものと、時計に対する認識は人様々であるが、時を計るものである事には違いない。
 時計は機械仕掛けの冷たい物であり、血が通う物ではなく歯車のかたまり、意思も無くただひたすら時を計り、正確である事が要求される物と皆思っている。
 古来より素材が辰で出来ているから、冷たくて無機質な冷たい感じがして、温かみの無いものであり、それが時計のイメージで出来上がっているからこそ、時計でもあると言う人も居る。
 やっぱり時計のイメージは硬くて、冷たくて、其れでいて正確無比、これが時計の全体的イメージであり、温かみのある時計は要求されていないのか。

 嫌々そうではなく、温かみがあり尚且つ面白い時計があるが、其れは玩具の時計、少し前の20数年のもの、写真の時計が其の1つであり、実に面白いもの。SANY1407.JPGSANY1414.JPG
 プラスチック製のチャチな玩具の時計だけど、この時計遊び心が一杯で実に面白い仕掛けが、本体が棺おけと時計の常識を覆して、子供の玩具とも思えないもの。
 本体左下の止めボタンを外すと、ドラキュラーが飛び出してくる仕掛け、バカバカしい仕掛けであるが、これが面白い物に出来ており、時計の概念を根底から覆している。
 時計と棺おけ、この2つが結びつく事こそ実に愉快、普通の考え方ではマッチングしないもの、子供の玩具にしても頭が軟らかくなければ、こんな時計は作れない。
 発想もユニークなら、仕掛けもユニーク、ドラキュラーが生き返る仕組みは面白くて、傑作であり時計を遊びとして取り入れた新しい感覚のものである。
 やっぱり時計は遊び心が無ければ面白くなく、又時間だけを計る道具であっては勿体なく、其処に遊び心が無ければ、持ち歩く楽しみに欠ける。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記