2018年09月23日

定番

    古時計の定番

 SANY6556.JPG古時計と言えば八角型の時計と四つ丸達磨、言わずと知れた定番の古時計だ、古時計を始める人は誰しもこの道を通る。
 八角の古時計、日本人には古時計と言えば八角型の時計と決まっていたもの、何処の家にもあった時計であり、頭の中に摺り込まれているのだ。
 何故だか知らないが、知らないうちに染み込んでいるから、古時計と聞けば八角型の時計が頭に浮かぶ、これが一般的な人。
 殆どの人が古時計と聞かれれば、躊躇なく八角と口にするもの、考えなくても直ぐに答えが出て来るから面白い。
 これは年配者になればなるほど高くなり、最近の若い人に聞いても、その答えは八角と答えが返って来るが年配者のパーセントよりは遥かに少ない。
この差は何かと言えば、最近の時計事情に原因があり、今時の時計は八角型のものは少ないのが影響しているのだ。DSCN0670.JPG
 今はクオーツの時代、電池で動く時計が主流、その形はいろいろなものがあり、八角とは限らないからであり、摺り込まれる形が其々だから。
 だから今時の若い人は古時計と聞かれても、中々八角型とは言わないもの、それ位現代の時計事情は変わって来ているのだと思う。
 年配者と若者、それぞれの時代に合った答えが返って来るから、人の頭の中に摺り込まれるものは時代によって変わるものだ。
 その古時計、八角型の時計に付いているガラスの模様、之もまた定番の柄が存在しており、年配者に聞いてみるとやはり同じ答えが。
 どんな物なのか具体的に書いて貰うと、殆どの人が菱形のような絵を描く、細かな所は多少違うものであるが、全体像は大体同じだDSCN0766.JPG
 それも簡単に描く人も居るから驚くもので、八角型の時計にハマっている模様を描かれるのだが、これもやはり記憶の中にあると言えよう。
 何げなく見て居た古時計の形は確実に頭の中に摺り込まれ、それが一気に出て来るから不思議、それは八角の時計に限った事ではない。
 人気の四つ丸達磨も同じような状態の答えが、先ず達磨時計の形はと聞けば、四つ丸達磨を描くから驚くのだ。
 勿論年配者に多いが、若い人でも達磨時計は知っているらしく、四つ丸達磨を描く、細部的に少しは違うが、殆ど四つ丸達磨だ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記