2018年09月27日

上手く撮れない

    カメラを変えたが同じ 

 SANY0001.JPG友人が「お前のブログの写真、ボケが多いぞ」と言うのだ、たしかにその通りでぼけた写真が多いと思う。
 自分ではシッカリと写したつもりであるが、ブログに載せてみると「ボケ」ているので、その原因が分からない。
 友人に言わせると手振れだと言うけれど、カメラには手振れ防止が付いており、修正されるはず。
 デジカメもこれで4台目、中々良い写真が取れないもので、色々な所のカメラを買い込んだが皆同じ様。
 友人は「やっぱりお前が悪い」と言うが、どうしても手振れが生じるのだと思う、三脚を使えと友人がくれたが、大いして変わらない。
 確かに三脚を使えばカメラは固定され、ぶれない筈であるが、それでもぶれているようで、良いものが撮れない。
 販売店で見て貰ったが、カメラの故障ではないと言われてしまい、では何故ぶれるのかと聞いてみた。
 DSCN1592.JPG販売店でも手振れであると言うのだが、では「手振れ防止装置は何のために付いているのか」と聞いてみた。
 すると「多少のブレは防止しますが、大きなブレは防止できません」と、言うのであるが納得できないのだ。
 自分ではそれほど大きなブレをしているとは思わないし、自分なりに気を付けて撮っているのだ。
 すると友人「お前は安いカメラを買うからだ」と言う、確かに高級なカメラではなく、普及品のカメラである。
 しかし今時、高級なカメラでないと上手く写らないとは、そんな事はないと思うが、友人は力説するのだ。
 
 安いカメラは手振れ防止が付いていても、その力は良くないから、やっぱり高級機に変えろと言うのだ。
 DSCN1590.JPG4台ものカメラを買い込んでみたが、結果は同じ事、カメラのせいではないとも思われ、何処に原因があるのか。
 ブログを見てくれている人も、写真がぶれているのが残念であると、そんな声も聞くので益々落ち込んでいる。
 カメラのせいではないとすれば、自分に責任があると言う事、シッカリと写していると思うが、何故そのようにぶれるのか。
 そしてもう一つ気になっているのが接写、これが又上手く撮れないもので、他のブログを見てみると綺麗に写真が撮れている。しかも接写が良く撮れているので、自分の撮ったものとは違う。
 何故そんなにきれいに撮れるものなのか、知人に聞いてみると「カメラなんか安いもので撮っている」と言う、やっぱり腕なのか。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記