2018年10月06日

本当なのか

    江戸時代に入った

 

SANY0840.JPG ある友人が私のもとに来て、「お前の集めている古時計、江戸時代のものはあるか」と言うのだが、その意味が分からない。
 何故かと言えば彼は和時計を何度も見ているからだが、あれはれっきとした江戸時代のもの、それなのに江戸時代の時計はあるのかとは変だ。
 よく話を聞いてみると、和時計の事ではなくボンボン時計の事だと言う、ある人からボンボ時計は江戸時代に入ったと言われたらしい。
 その人曰く「江戸時代には長崎からアメリカ製のボンボン時計が入って来た」と言う事らしく、彼はそれが納得できないと言うのだ。
 確かに江戸時代には既にヨーロッパから時計は輸入されていた事は確か、主に置時計であると言われているのだ。
 SANY0846.JPG勿論掛時計もあったと言う事らしいが、アメリカ製のボンボン時計となると、話はすこし違ってくると思う。
 アメリカ製のボンボン時計、1850年代に製造が始まっているが、その当時の時計がすでに長崎に入った来るとはちと早すぎる。
 当時アメリカでも新進気鋭の時計製造会社、その製造会社の時計がすでに日本に入って来たとは少し無理がある。
 アメリカでも西部地方には、まだこれらの時計は届いておらず、1880年代にならないと出回っていないからだ。
 それが西部を通り越して日本に渡っていたとは、やはり無理があり、ボンボン時計はその後と思われと思う。
 DSCN1387.JPG
 友人もその時にあり得ないと思ったが、その人が力説しているので反論はしなかったと言う、しかし疑問があったからと言うのだ。
 私も以前にある有名な資料館で、江戸時代の掛時計として展示されていたものを見た事が、その時計はイングラハムの金達磨。
 確かに旧型のものであったが、江戸時代の時計と説明していたので、私が質問をしたら「この時計は1860年代に造られたもの、日本では江戸時代です」と言うのだ。
 その時興味があったので、「時計を見させてください」と言うと、扉を開けて見せてくれ、「興味がありますか」と聞かれた。
 勿論その証拠が見たくてと言うと、機械の刻印を見せてくれたが、文字盤の淵に1870年の刻印を発見。DSCN1386.JPG
 良くイングラハムの時計には、文字盤の淵に時代の刻印があるものが存在しており、この時計もそれであった。
 それ以上は反論しなかったが、機械の刻印が仮にあったとしても、それが直ぐに日本に入ったと言う事はやはり無理がある。
 そしてオリジナルの刻印が文字盤に刻まれている事から、パテントナンバーは1860年代だとしても、そく江戸時代に日本に来たとはならない。
 色々な考え方があるが、拡大解釈しては時代がずれる恐れも、古い時計と思いたい気持ちは良く分かるし、私もそうであるから。
 しかし時代考証を正しく理解しないと、自分の思いだけでは正確性に欠ける事も、だから古時計は難しいとも。
 友人も、やっぱり時代測定は難しいなと言い、その通りで私も改めて難しさを痛感したもの、再度気を引き締めて行きたいものだ。
 誤った時代判定は誤解を生むことになり、ひいては信用を無くしてしまう恐れも、十分気を付けたいと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記