2018年10月09日

ペコちゃん3

    色々な姿が 

DSCN1289.JPG ペコちゃんと言えば黄色のTシャツにオーバオールのズボン、これが定番のスタイルとしか知らない人、しかしペコちゃんはこれだけではないのだ。
 一般的にはあの黄色のTシャツとズボン、不二家の店頭で客を待ち受けているが、このペコちゃん色々なスタイルに変身している。
 そもそもペコちゃんは6才の女の子、身長1メートル、体重15キロと決まっているのだが、実際に店頭にあるものは少し小さい。
 ペコちゃんが生まれたのはミルキー発売時に、そのキャラクターとして誕生し、1950年、昭和25年だと言う。
 面白い事に当初は紙の張り子で造られていたと言う事だが、これが店頭に置かれており、子供たちがさわったり、頭を叩いたりしていた。

 その為に紙であるが故に痛んでしまったと言い、その都度紙を張って修理していたらしく、次第に顔が変化して行ったと言う。DSCN1290.JPG
 当然の事で張り子である事から、顔が変化することになり、紙からプラスチックに変わって行ったと言う事だ。
 まさか紙の張り子であったとは知らなかったが、昭和25年と言えばまだまだ物資の乏しい頃、時代背景が見えて興味深い。
 張り子のペコちゃんが店頭にあったとは、今では信じられない事、そしてそれを修理して使っていたとは。
 このペコちゃん、男の子のぽこちゃんも存在しており、ぽこちゃんは1951年誕生したと言う事だ。
 1年遅れでペコちゃん、ほこちゃんか揃ったことになるが、この二人永遠に6歳のままである事。

 そして定番以外にも色々なスタイルが出されている事、時代の流れに応じて、色々のデザインの服を着ているらしい。
 DSCN1292.JPGあのミッチーブームの頃はテニススタイルであった由、また南極観測隊と共に昭和基地に赴いたらしい。
 越冬隊員から頭をなぜられていたとは驚きでもあるが、一企業物のペコちゃんが南極まで着いて行ったとは面白い事。
 私の記憶では定番の姿とクリスマスのサンタクロースのスタイルしか記憶に無いが、其れだけではないようだ。
 今回紹介するペコちゃんは店頭用に置かれていたもの、夏姿のペコちゃんであり、昭和40年代のものか、それともそれ以前のものか。
 店頭用のペコちゃんの身長は台含めて97センチと言う事らしく、1メートルとうたわれている身長よりもすこし小さく、可愛らしいワンピース姿のペコちゃん、赤い靴を履いた姿が印象的。








posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記