2018年10月11日

縁は異なもの2

      縁は向うから

 あらかわと.jpg忘れない思い出は私がまだ若い頃、たまたま陶芸家人間国宝の荒川豊蔵氏に会うことが出来、非常に興味深いお話を聞かせて貰ったが、これも偶然のなせる事であった。
 確か昭和59年の11月頃だと思うが、豊蔵記念館が出来たと聞き大萱に出向いて、記念館を見学していた時、管理人さんとおぼしき人に声を掛けられた。
 「焼き物は好きですか」と、私が「隋縁」と名付けられた茶碗の前から動かなかったので声を掛けられたと思うが、確かにこの茶碗に興味が湧いていたのでじっくりと見ていた。
 館内は寒い日で私1人だけ、そんな状態の中、茶碗隋縁の前から動かなかったから不審に思われたのか、私が興味を持っていることが分かり、その人は展示してある扉を開け、「持ってみたら良いですよ」と言われビックリ。

 此方が恐る恐る手を出すと「さあーどうぞ」と私の手の中に茶碗隋縁が納まったのだ、こんな事あるのかと思い、そして本当に良いのかと思いつつ、何ともいえない気持ちで拝見した。
 すると、その人は親父が居るから話を聞けばと言われる、何が何だか分からずによろしくと答えロビーに行くと、豊蔵氏が座っておられた。
SANY3161.JPG これには再びビックリ、その後豊蔵氏から隋縁の経緯や「縁(えにし)」についてお話が聞け、最後に「縁とは向うからやってくるもの、此方が追っかけても逃げてしまうもの」と云われた言葉が胸に響いた。
 豊蔵氏が帰られた後、その管理人さんと再び展示室に行き、残りの物もじっくりと拝見して、管理人さんに「如何して見せて頂けたのか」と聞いた見た。
 すると、「普段は絶対に見せないものですが、あなたが熱心だったのでツイツイ」と云われ、そして、その人が豊蔵氏の息子さんの武夫氏と分かり、またまたビックリ。

 「縁(えにし)とは、豊蔵氏の言われる通り、向うからやって来るもの」と実感した事を忘れない。
 こんな事もあるんだと自分自身で信じられなかった出来事であるが、やっぱり「えにし」は向うからやって来るものだと痛感した。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記