2018年10月30日

何で違うの

      酔いが回ると

SANY4424.JPG 呑んべい仲間はくどい、私の飲み友達は理屈が多く、一旦酒が入ると普段無口なやつが急に口が軽くなり、酒が回るごとに口の回転も速くなる。
 普段いたって無口な男が酒が入ると毒舌に、何時も無口なやつがこうなるとブレーキが利かなくなり、何時も誰が止めるか頭痛の種だ。
 普段おとなしいせいもあって、一旦酔いが回ると、喋るは、喋るは、何でこおなるのか分からないが、兎に角喋り捲るのだが、その話がまた長い。
 誰も彼の話を聞いていないが、彼は1人で喋りまくるので、友人たちは何時もの事と見て知らんふり、今日もまた彼の毒舌が始まりだした。
 はじめは何を喋っているのか分からなかったが、どうやら自分が手にしているグラスの事、このグラスが気に入らないらしく、何やら捲くり立てている。
 「何でこのグラスとお前が持っているグラスと違うのか」と言うことらしい、他の友人「何の事だ」と何時ものように囃し立てるので、調子に乗ってきたらしく「このグラスが気に入らない」と、訳の分からないことを言い出した。SANY4425.JPGSANY4428.JPG

 仕方なく、「何の事だ、このグラスがどうかしたのか」と聞けば、彼いわく「お前のグラスより俺のグラスの方が小さい」と、他の皆が意味が分からず、何処が違うのかと聞く。
 自分のグラスが小さくて、他の者は大きなグラスをもっていると言うのだが、彼の持っているグラスはバカラ製のグラス、他の人は日本製のグラス、気を利かせてバカラのグラスにしたのが間違い。
 この呑んべい、グラスの大きさが問題で、自分のが小さく、他が大きいからとのイチャモンを付けている由、大きければ多く呑めるとの、浅はかな考えだ。
 気を利かせて良いグラスにしたのに、逆に気に触っては世話は無い、何のグラスでも良かったし、大きなものが良かったのだろうが、この人は未だに子供から抜け出していない様だ。
 他の皆も「ガキみたいなことを言う男だなあ」と、全員が呆れ顔、しかし当の本人は極真面目に、グラスの大きさの違いを力説したいたらしい。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記