2018年11月09日

またやって来た

    厄介な事に

SANY7262.JPG 久し振りに現れたやつ、「例のあの男」我が家に災いをもたらす張本人、その男が久し振りに我が家くる。
 最近は静かで良いと思っていた矢先、けたたましく登場と相成り、いっぺんに我が家が騒がしくなり、困った事に。
 この男のおかげで今までにさんざん振り回され、どけだけ迷惑したことか、なれどこの男全く悪びれていない。
 それどころか、お前の為にした事だと、あきれたものであるが、なぜか憎めないのもこの男の持っ生まれ持った徳か。
 憎めないから尚更のこと、今回も何のために現れたのかとこちらが身構え、彼の切り出しを待つ、厄介な事にならなければ良いが。
 そんな彼が言い出したことは、「私の持っている時計を譲って欲しい」という、「急に何を言い出す」のだと切り返した。
 彼は知り合いから、私の持っている時計が欲しいから何とかしてほしいと頼まれてらしい、それを簡単に引き受けてきたと言うのだ。

 どの時計かといえば、なんでも「黒柿のバイオリン」だと言う、本人はどんな時計か全く知らず、我が家に何度も来ているのに全く知らない時計と言うのだ。
 頼んだ人は我が家に黒柿のバイオリンがあることを知っており、「是非それを手に入れて来てくれ」と頼まれたとの事、彼に「その時計がどんな時計か知っているか」と、そして黒柿のバイオリンは数が少なく、譲る気持ちもないと伝えると。
 彼曰く「また手に入れれば良いではないか」と、そして「お前の事だから、またすぐ手に入る」、だから「譲ってやれ」と、すました顔で言う、これにはこちらが呆れ、「お前という奴は何を考えているのだ」と怒る。
 すると、「何時もそんなことを言って、しかし又手に入れて来るではないか」、だから今回頼まれてくれと再度言うのだ。
 彼には、この時計の意味が分かるはずもなく、簡単に手に入ると思っており、その後何度となく、この時計の少なさを説明したが届かず。
 それにしてもこの男には手を焼く、簡単に考えて引き受けて来るからだが、悪気があっての事ではなく、何も考えてないだけの事。
 しかしこの時計は譲るわけには行かず、はっきりと断ったが、その後も何度となく懲りずに譲ってやれと言い続けているのだ。

 


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月08日

ミリタリー

      思い出の品

 SANY4074.JPG時計には色々な思い出があり、様々な人たちとの係わり合いの中から探し出したものも多く、一つ一つが思いでのある品、其れを手に入れた時の事など、今でも思い出される。
 古時計は当然のこと時代を経てきているもの、長い歳月のうちには、様々な事を見てきている生き証人でもあるが、黙して語らないのも古時計だ。
 只黙々と時を刻み、現代の我々に時を知らせ、過去も、現在も、未来も同じ時を刻むであろうが、それらを時計を通して感じられるのも魅力の1つだ。
 写真の時計、海外のアンティークマーケットで手に入れたものだが、この時計を見ると、その時の事が昨日の事の様に思い出される。
 この時計を買う時も、今思い出しても笑えて来るが、自慢じゃないが英語はからっきしダメ、他の外国語はと聞かれれば、其れもダメ、ようは全部話せないのだ。

 もっぱらジェスチャー、片言の英語「デスカウント、プリーズ」と「ハウマッチ」之の繰り返し、それでも意気込みは通じるもの、何だかんだで商談成立するものだ。
 向うの親父、「ミリタリー、ミリタリー」と、この時計を持ってSANY4076.JPGSANY4078.JPG私に叫ぶが、何がミリタリーか分からず、手振りで「ノー」と示すと、文字盤を指差して、「ミリタリー」と言っている。
 良く見ると、文字盤に何やら記号が、其れを示してミリタリーと言っているようだと気づき、見れば文字盤は夜光塗料が塗られ、軍隊仕様だ。

 文字盤には記号とハミルトンの文字、「OK、OK」と態度で示すと、今度は親父「エアープレン」と言う、何の事やらと首をかしげる私に空を指差す。
 どうやら飛行機の事らしいと思い、「OK、OK」とまたまた返事、すると「スエーデン、スエーデン」とまたまた叫ぶ、はじめは分からなかったが、どうやらスエーデン空軍の時計らしいと分かる。
 そんな事で買い込んだのがこの時計、英語が話せなくても気合、それで十分通じるが、恥ずかしいのは仕方が無く、そこは度胸しかないと思うのだが。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月07日

立 冬

      暦の上では冬
SANY0679.JPG
 毎日暖かい日ばかり、今年の秋はどうなってしまったのか、23度の夏日の様な暑い位の日ばかり、本当に冬がやってくるのかと思える今日この頃、しかし暦の上では立冬であり冬の季節に入ったが暑。
 季節の感覚がずれてしまい、まだ半袖で充分な温度だから立冬といわれてもピンとこないが、確実に暦は進んで冬に入った事を告げている。
 植物もこの気候に惑わされそうになっているが、人間様と違って忠実に季節の移り変わりを演じようと装いをはじめて、我々と違って季節感は敏感に反応してる。
 あの彼岸花もしかり、彼岸には忠実に花を咲かせて我々に彼岸到来を告げ使命を終えたが、草花はやっぱり律儀だと思う、季節異変にも素直に対応している。

 SANY0680.JPGそこえ行くと人間様はやっぱり頼りないか、暑いといってはエアコン頼み、寒いといってはエアコン頼みと人様は世話にならなければ満足しない今日この頃。
 その点植物は己一人で対応しなければならず、自然の力は偉大で植物は頼もしいもの、これから寒さが一段と厳しく成るが、かれらはめげず耐えてゆく。
 写真は、これからの寒さを楽しんでいるかのように咲き乱れる菊、その紫の色は堪えている色なのか、それとも楽しんでいる色なのだろうか。
 その横で紫式部が菊に負けじと、その実をより鮮明な紫に染め、お互いにその艶やかさをあたかも愉しんでいるかのような光景、初冬の庭は彼らの競い合いで幕を開ける。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月06日

染付け

      時代の流れ

 SANY3886.JPG何時の時代も流行と言うものはあり、その時代時代に合ったものが新しく生まれる事に、それは時代の要求かもしれないが、昔から受け継がれたものが消え去るのも寂しい。
 流行とはそのようなもので、出来ては消え、消えては生まれる事を繰り返すもの、懐かしがったり、寂しがったりするものではないのだが。
 時代の要求に、その当時の職人たちは精一杯に合わせようと努力、その結果新しいものが誕生する事になり、ものの発展に貢献する事となる。
 瀬戸の染付けもその様な繰り返しをしてきたもの、常に新しいものを追い続けるのも人の常、磁器の世界もまた同じ事、新しいものが次々と誕生し、古いものは忘れ去られていく。
 陶器から磁器にと時代は移り、染付けのデザインもまた、其れにあったものが要求され、磁器に相応しいデザインが登場、今までの陶器には無いデザインと軽さである。

 陶器に比べて磁器は本体自身薄く出来、軽くて丈夫なものが誕生、今までに無い薄くて軽いものに人々は求SANY3888.JPGめ、その要求に答えるかのように薄いものが出来上がる。
 写真の茶碗、当時の要求に答えた、非常に薄い茶碗、もっても軽くて当時は飛ぶよう売れたものだそうだが、現在はこの様な茶碗は市場から消え去ってしまった。
 昔ながらの染付けのデザイン、1個づつ手書きで描かれた模様は、繊細な筆裁きで職人たちの腕の見せ所、素早く描き、量産に答えたものだが。
 今はこの様に手の込んで、しかも軽くて薄い磁器の茶碗は姿を消してしまい、今時のデザインものに押されて、市場には出回っていない。
 プラスチックの茶碗や中国製の安価なものに移り、この様な昔ながらの手の込んだ茶碗は、値段も高い事もあり、100円均一で買える、安価な味のない茶碗になってしまったようだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

ブーム再来

      優しさを求めて

SANY8209.JPG 最近のこけしブーム、若い女性の間で流行しているといわれ、その実態はどうか知らないが、確かにブームである事は確か、東北のこけしが売れているのだ。
 こけしは全国に存在している玩具、全国各地で造られているが、やっぱり東北のこけしが良いと思うもの、若い頃より東北に旅をした関係上、多少贔屓目であるかもしれない。
 私自身こけしを集めている訳ではなく、知らないうちに集まってしまったと言え、数もそこそこあるが、私のものは自分好みのものであり、一般的なものではない。
 特に小椋久太郎のこけしが好きで、幾つかのこけしは手に入れているが、その他のものは多くないので、今回のこけしブームと言っても私のものとは違うのだ。
 元々こけしは温泉場の土産物として売り出されたもの、その歴史も幕末とされているが、実態はまだ不明な点が多く、ハッキリとした証拠はない。

 遠刈田温泉が発祥とされているらしいが、それより古いものもあると言われ、やっぱり実態は不明のまま、そんなこけしであるがやっぱり東北のこけしが人気。
SANY8213.JPG
 こけしも種類が多く、どのこけしがお気に入りなのかは好き好き、伝統的なこけしから、創作こけしまで種類は様々、その中から気に入ったものを選べば良いと思う。
 昨今のこけしブームで、どんなこけしが支持されているのか分からないが、聞くところによると現代的なこけしも支持されているようであり、創作こけしも人気だと言う。
 こけし作家、有名、無名問わず、やっぱり自分好みのこけしが1番、好きなこけしが1番良いものと思う、それがこけしの魅力かも知れない。
 幾ら有名なこけしでも好きでも無いものを、自分の所有にするよりも、無名でも好きなこけしの方が良く、有名だからと言って無理して持たなくても良いと思う。
 やっぱりこけしは素朴が1番、素朴なればこそこけし、むやみに流行を追う為に作られたこけしは面白みにかけるもの、受けようとして作られた物には力がないと思う。
 写真は作並こけしの第一人者、鈴木昭二作のこけし、独特の顔をしたこけし、数あるこけしの中でも、ひとめで鈴木昭二と分かるこけしである。
 形はチョッと違うが、胞吉型の変形みたいなもの、鈴木昭二独特の形、しかし、このこけしも鈴木昭二作のこけし、小さいけど迫力と可愛らしさが同居している。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月04日

寄木でない

      論議を重ねて

 SANY0731.JPG寄木ダルマ、時計愛好家にとっては人気の高い時計、その中でも最も高い時計はイングラハム社の寄木四ツ丸ダルマの時計だ。
 この時計は何故かしら人気が高くて、昔から愛好者が多く、定番の蒐集品の1つ、誰しもが手に入れる1台、その為に値段も高かった。
 日本の家屋には金ダルマよりも、この寄木四ツ丸の方が良く合うと思うが、好き好きだから派手な金ダルマの方が見栄えがするかも。
 しかし、寄木ダルマの方がスッキリとしていて、尚且つ日本の家には良く合う時計、木の質感を旨く表現した時計の1つでもあるもの。
 日本にも寄木細工は存在しており、その精密さは海外から高く評価され、人気も高いものだが、そんな寄木と通じるものがこの時計にはある。
 本来の木の色をそのままに、濃淡で組み合わせて寄木とする物、そのために天然の色が良いムードを醸し出すのだと思う。

 しかし、時代が経つと色が変色して来るのも、この時計の欠点の1つ、段々と濃淡が分からなくなってくるもの、寄木の良い所が失われてしまう。
SANY0734.JPGSANY0745.JPG 写真の時計がその物、これを手に入れた時は寄木であるとは思っていなくて、少し濃淡のある生地ダルマだと思っていた。
 手に入れてから、アンソニアのこの手の時計は珍しいと時計仲間から、そして仲間が集まった時に、この時計で論議噴出した。
 ある人は寄木ダルマに間違いないと、すると、これは色が変色しだだけで寄木ではないと、両者の意見で喧々諤々の論争に。
 其れまで気が付かなかったが、良く、良く見ればヤッパリ寄木のダルマ、変色しているのではなく、色落ちしたものだと分かったのだ。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月03日

今年も

    有難い事です

SANY8220.JPG 今年も私の大好きな柿が届き嬉しいやら大変やらで胃が悲鳴を上げているがそれもその筈量が多いから。
 私が柿大好きを知っている知人からの差し入れ、勿論毎年の事であるがこの時期余り柿を買う事がない。
 秋になると順番に別々の柿の産地から柿が届き、色々な種類の柿が堪能できるのだが、その量が大変。
 我が家で消化しきれない位友人から届き、その都度近所におすそ分けをして喜ばれているが、どうしてこんなに沢山送って来るのかと不思議がられる。
 毎週、毎週別の友人からくるため、何でそんなに多く届くのかと、勿論もらっているが不思議でならないと言うのだ。
 確かにその通りで量も多いが毎週届くとは異常、別々に買い込んでいるのではないのかと、そんな冗談も飛び出る位。
 送って来る範囲は静岡、愛知、岐阜、長野、山梨と多くの県から送ってSANY8224.JPGくるため、早いものと遅いものとがあり、柿の種類も別々である。
 柿と言っても様々、早いものは豊橋の筆柿、これが一番早い柿の到着、9月初めには我が家にやって来る。
 それを封切りに次から次へと柿の宅配便が届き、配達してくる人も毎年の事だからよく覚えており、今度は静岡からだと言う。

 それ位配達の人も覚えている位に各地から柿が届き、その都度お裾分け、それもこの時期の日課となっている。
 今日も届いたのは富裕柿、岐阜の友人からの贈り物、この友人は商売で柿を栽培しておらず、庭になった柿を送ってくれる。
 だから不揃いで見た目には良くないが、味は折り紙付きのもの、何時もこれをサンドイッチにして食べている。SANY8234.JPG
 この時期の私の朝食は柿サンド、この話をすると気持ちが悪いと言う人が多いが、一度食べればその良さがわかると思う。
 待ち遠しいのはあの柿、もちろん蜂谷柿、毎年この柿で干し柿をつくるのだが、今年は少し遅いようだ。
 そしてその後が市田柿、年末になると長野からこれが届き、正月まで干し柿を食べて年を越すのが習わし。
 友達とは良いもので私の好物をよく覚えていてくれ、その時期になると送ってくれるから感謝しているのだ。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月02日

菱形ステンドガラス

      日本家屋に合うステンド

SANY7999.JPG ステンドガラスは人により好き嫌いがはっきりと分かれるもの。
 図柄も勿論の事であるが、色合いもまた好き好きな重要要素、其の上自分の家屋に合うように思うと、中々良いものには出会わない。
 図柄が気に入っても、色合いがきつくて、如何しても考えてしまう時もあるようだが、やはりごちゃ、ごちゃしないシンプルのほうが良いと思う。
 奇抜なものは初めは良いと思われても、毎日見ていると段々とドギツクなって、終いにはアキが来る事になり失敗する事に。
 ステンドガラスの大きさも其の要素のひとつ、ガラス全体が色ガラスであると、やっぱり飽きてくるものだ。
 その点、ワンポイントの小さめなステンドガラスは、使い方によっては非常になごみが出てくるもので飽きが来ないものである。
 図柄も人によって好き好きだが、どちらかと言えば幾何学模様のシンプルな図柄の物が、アキが来なくて長く楽しめると思う。SANY8003.JPG

 部屋のドアーの上部に小窓のようにはめ込んだステンドガラスも、日の光に当たった時の輝きは、人の心を和ますようである。
 此処で1番効果のある色は、赤の色合いであり、余り多くてもイケないが少ないと寂しい、赤の光は活力の下ともなり、ステンドガラスには無くてはならない色でもある。
 右のの写真のステンドガラスは、たぶんアメリカ製の1920年頃の物であろうと思われるが、菱形でシンプルな所が良い。
 又色合いもおとなしくて、アキの来ないデザイン、日本家屋にもしっくりと馴染むように見える。
 あまり派手でないものの方が安全で飽きがこないと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク

2018年11月01日

金のわらじを履く

DSCN1938.JPG    わらじとは

 私は蕎麦が好きで、蕎麦の美味しいところがあると聞けば其処へどうしても行きたくなる癖があるが、皆さんはどうであろうか?近くの蕎麦屋であればそれで良いのだが、遠くても美味しければ一向に構わない。
 蕎麦好きを誘って遠くまで一杯の蕎麦を求めて車を飛ばす、蕎麦好きな者同士であるので食べるために時間が掛かっても一向に気にしない者達で、どんな蕎麦なのかと「蕎麦談義」に話が弾み行く道が遠くても近くに感じてしまうの。
 他の人に、その話をすると決まって「馬鹿じゃないか」と言うような顔をして私達を何時も見るが、そんな事はお構いなく「好きだから」どんなに遠くても食べに行きます。
 人は一杯の蕎麦を交通費を含め時間を掛けて「何故食べに行くのか」気が知れないと言う、それも又、事実であるが美味しいものには変えがたいと思う我々は変人であろうか。
 DSCN1945.JPG時として一杯900円の蕎麦を食べるために、交通費を1万円掛けて食べに行くこともしばしばで、好きな者同士で高速道路を3時間も掛けて食べに行くことも良くある。

 ある人が「900円の蕎麦でも高い500円の蕎麦だってあるのに」、その10倍の金を掛けて食べに行くのは「大馬鹿ではないか」と、お前達は「気は確かなのか」との忠告もどきの言葉も頂いた事も多くある。
 諺に「金のわらじを履く」との例えがありますが、若い人にその意味を聞けば何のことか知らない人も多い今の世の中、「かねのわらじ」などあるのかと言われそうだが、「かねのわらじ」などあっても痛くて履けないし、あろうはずが無い。
 しかし、やはり「美味しい蕎麦は食べたい」、お金が掛かっても仲間と食べに行く、正に「金のわらじを履いてでも」美味しい蕎麦はやっぱり食べたい。
 古時計もしかり、其れがどんなに「遠くても」、「時間が掛っても」、「少しぐらいお金が掛かっても」、其れを求めてこれからも時間が有る限り、全国を行脚して行きたいと思うし、又絶対に実行しようと言う気持ちを持ち続けたいと思う。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計裏話