2018年11月07日

立 冬

      暦の上では冬
SANY0679.JPG
 毎日暖かい日ばかり、今年の秋はどうなってしまったのか、23度の夏日の様な暑い位の日ばかり、本当に冬がやってくるのかと思える今日この頃、しかし暦の上では立冬であり冬の季節に入ったが暑。
 季節の感覚がずれてしまい、まだ半袖で充分な温度だから立冬といわれてもピンとこないが、確実に暦は進んで冬に入った事を告げている。
 植物もこの気候に惑わされそうになっているが、人間様と違って忠実に季節の移り変わりを演じようと装いをはじめて、我々と違って季節感は敏感に反応してる。
 あの彼岸花もしかり、彼岸には忠実に花を咲かせて我々に彼岸到来を告げ使命を終えたが、草花はやっぱり律儀だと思う、季節異変にも素直に対応している。

 SANY0680.JPGそこえ行くと人間様はやっぱり頼りないか、暑いといってはエアコン頼み、寒いといってはエアコン頼みと人様は世話にならなければ満足しない今日この頃。
 その点植物は己一人で対応しなければならず、自然の力は偉大で植物は頼もしいもの、これから寒さが一段と厳しく成るが、かれらはめげず耐えてゆく。
 写真は、これからの寒さを楽しんでいるかのように咲き乱れる菊、その紫の色は堪えている色なのか、それとも楽しんでいる色なのだろうか。
 その横で紫式部が菊に負けじと、その実をより鮮明な紫に染め、お互いにその艶やかさをあたかも愉しんでいるかのような光景、初冬の庭は彼らの競い合いで幕を開ける。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記