2018年11月16日

やはり菊

    小菊の方が

SANY0189.JPG
 秋、何処と香りがかすかに香るころ、わが家の小さな庭に小菊が盛んに咲いており、秋を感じている今日この頃。
 菊の種類は多いと聞くが、見た目に派手な菊と、控えめで小さな小菊、対照的な花であるが、どちらも和む花。
 この菊、日本の花と思っていたが、奈良時代に中国よりやって来たとのこと、古来からの日本の花と思っていた。
 そう言えばヨーロッパでも盛んに作られていたのを思い出したが、ヨーロッパの菊とは少し違うように思う。
 平安時代には宮中で愛された花らしく、高貴な花として昔から作られていたらしいが、鎌倉時代から武士にも愛された。
SANY0194.JPG
 江戸時代に入り、武士のたしなみとして菊の栽培が盛んとなり、大小の菊が作られ、花を競い合ったと言われる。
 菊の種類も嵯峨菊、伊勢菊、美濃菊、江戸菊、肥後菊などの種類が、それぞれの歴史があり、武士が作り上げたと言われる。
 彼らは菊の栽培も武士道につながると、端正に育て献上したも言われ、菊に対する心が少し違っていたようだ。

 もちろん一般庶民も菊を愛し、品評会も開催され、美しさを競い合ったらしく、とくに産地同士で競い合った。
 そんな派手な菊よりも、小菊のほうが可愛らしくて良いと思うが、派手なSANY0832.JPG菊は長く見ていると飽きてくるもの、しかし小菊は違う。
 いつ見ても可愛らしくて飽きないもの、派手さはないが親しみやすく、それでいて存在感がある花だと思う。
 もちろん好き好きで、大きな派手で色よい花が好きな人も多いが、野に咲く野菊のような可憐なものがよい。
 写真は我が家の庭の菊、数は多くないが、そこそこの種類があるらしいが、それがどんなものなのかは知らないのだ。
 これから冬に向かって、長く咲いてくれるのもうれしい花、パッと咲いて、パッと散る花ではないから、長く楽しめる花だ。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記