2018年12月11日

特許

    記録から見る


SANY8390.JPG 明治から大正にかけて日本で製造された西洋時計、その多くが特許を取得しているが、それをたどるのも大変。
 明治期の時計製造者は最初特許と言うものに興味はなく、只々西洋時計を真似て造る事に専念していたと言える。
 西洋物を如何にして製造するか、それが主眼であり、自分が製造した時計の特許を取得すると言う事も頭になかった。
 勿論、コピーを造る事に専念をしていたから、それは当時の実力、無理からぬ事と言えるが、その後独自の西洋時計を製造する事になる。
 そおなれば自分の製造したものを他人が造る事には抵抗感が働き、自然と特許に目が行き、それを取得しようとする動きが出て来る。
 今でこそ特許の重要性は肌で感じられるが、当時はまだ疎かったと言え、重要だとも感じなかったとも言える。
 しかし逆にアメリカから特許をたてに賠償請求がされるに至り、重要性が身に染みるようになる。
 アメリカのコピーばかりしていた日本の製造者は、この一件から特許に対する意識ががらりと変わる事になる。
SANY8382.JPG
 記録によると明治18年から実施されたとあるが、実際には明治19年からの様で、この特許は発明特許、実用新案特許、意匠登録特許の3種類からなる。
 その中一番多いのは意匠登録、様々な意匠登録が申請させ、特許を取得しているが実際に発売されたかどうか。
 つまり特許だけは取っておいて、他社が製造できないようにする為のもの、特許を取得すれば15年は自社で製造でき、また他社に転売する事も可能となるため、現在でもそれは続いている。
 明治、大正の意匠登録を調べて見ると実に面白い意匠登録がなされていて、見た事もないものも多く存在している。
 記録と言うものは調べれば調べるほど面白い結果となり、はじめての発見もあり、驚く事ばかり。
 明治時代の日本の時計産業の著しい発展が実感できる資料、見ていても飽きないものが出て来るわ、出て来るわ。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月10日

行き付けの店

      安くて旨い

SANY2544.JPG
 麺類にも色々あるが大事なのは安くて旨い事、その上早く出て来ることが1番、そんな店は麺類が美味しいに決まっているのだと思う。
 うどんと蕎麦、ラーメンとスパゲティーが麺類の王様、人其々に好きなものが、全国にはこれ等の麺類が広く分布している。
 処により蕎麦好きであったり、うどん好きであったりとその地方の特色が現れ、関東ではそば、関西ではうどんと好みがあるのだ。
 当然味も違うことになり、関東の辛目、関西の甘めと多少の違いが、これも醤油文化と出汁文化の違いから来るとも言われているが。
 そんな違いのある地方、この名古屋地区もまた独特の味文化が存在、特に味噌を中心とした味付けも独特といった良い。
 SANY2533.JPG名古屋の味噌煮込みうどん、関東から来る人にとっては色が気になると言うが、確かに見た目は黒い汁、赤味噌による文化だ。
 我々地元民にとっては赤味噌でない味噌煮込みうどんはうどんでナイト、やっぱりあの独特の香りと色、あれが食欲をソソル源。

 すくし太くて固い麺、ジックリと煮込むことにより、腰と歯ごたえ、何とも言えないのど越しは味噌煮込みならでは、答えられない味だ。
 そしてもう1つがカレーうどん、これまた全国で色々なカレーうどんが存在しているが、やはり名古屋のカレーうどんもまた独特のもの。
 関西の出しの聞いた少し薄いカレーうどんも良いし、関東のあの辛いカレーうどんもまた良いが、地元のカレーうどん、これも又良い。
 尾張瀬戸駅前、パルティーせとの一階にある「うどんや」、ここのカレーうどんもまた旨い、何時行っても店は混んでいるが、待って食べるだけの価値はある。
SANY2538.JPG
 食券を入り口で買い、カウンターに座ると直ぐに水が出てくるが、目の前で麺を湯で出すので、それを眺めて自分の麺が茹で上がるのを見ている。
 待つ時間、何もする事が無いからジックリとカレーうどんが出来上がるのを見て、待っている時間退屈することはなく、店員さんの動きを確認。
 その奥では同時進行でカレーの具を作りだし、麺が茹であがるのと同時にどんぶりの中に、絶妙のタイミングでカレーうどんが出来てくる。
 安くて、早くて、旨い、三拍子揃った麺どころである。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月09日

招き猫の前垂れ

    独特の前垂れ

SANY0228.JPG
 瀬戸の招き猫は140年以上前から造られているが、それ以前にも造られているともいわれ、それを立証する招き猫がいる。
 瀬戸の招き猫は磁器製のもの、幕末から明治にかけて磁器で製造され市場に出されたものであるが、古いものは形が小さい。
 もともとは伏見人形を真似て造られたものと言われ、初期のものは素朴なものであり、親しみのある顔をしているものが多い。
 諸説あるが、やはり伏見人形の影響が色濃く残っており、全国に広がった伏見人形をまねて造りだしたと言うべきであろう。
 そんな中瀬戸では時期で招き猫を製造、ほかの地域と一線を設け、独特の招き猫を造り上げ、市場に送り出した。
 他地域の招き猫は「土もの」であり、磁器で製造された招き猫は人気が高く、高価な招き猫であったようで、「土物」と別格扱いされていた。
 土物と比べれば遥かに美しく出来ており、尚且つ丈夫なものであったので瞬く間SANY0233.JPGに市場で人気を博することになる。
 現存している招き猫、時代により少しづつ進化をしているようで、特に前垂れと言われる瀬戸独特のもの、それが時代とともに変化して行く。

 初期のものは簡単なひも状のものであるが、次第に前垂れと呼ばれる暖簾みたいなものに進化、全盛期のころは手の込んだものが。
 瀬戸の招き猫は前垂れ一枚一枚に模様が、それもイッチンと呼ぶ技法を使い、模様が浮き上がっているもの、手が込んでいるのだ。
 ただ単に盛り上げているだけではなく、ボリュウム感を出し、豪華な生地のように見える、これにより迫力のある招き猫が出来上がる。
 筆で描くよりも手間と時間がかかるが、これを仕上げたものと、無いものとを見比べてみると、豪華さが際立っているのだ。SANY0222.JPG
 これも他地域との差別化、より瀬戸の招き猫は手の込んだ仕事をしているとのアピール、しかし時代が下がるにつれて、この飾り模様もなくなり、筆で描くようになる。
 その模様は細かくてイッチンほど手間はかからないが、やっぱり手の込んだ造り、瀬戸ならではの手の入れようである。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月08日

変わらぬ風景

      ほっと出来る

 長野県松本市、ここは私が若い頃より良く訪れた地、国宝の松本城が好きでSANY2884.JPGよく行ったものだが、昔も今も変わらず人気がある場所でもある。
 こちらの城は平城の典型みたいな城、姿、形が良くて、ドチラから見ても絵になる城、白の壁に黒の板、コントラストが実に良く、名城に相応しい城だ。
 この松本城の近くに古馴染みの骨董屋があるが、過去色々な珍品を見つけた縁起のよい店であり、この先を占う上で縁起をかつぐ店である。
 此処で珍しい物を手に入れると、その年は必ず珍品の時計が手に入るジンクスが有り、この40数年間続いているジンクスでもある。
 最初に手に入れたものは、自分でも分からずに買い込んだものだが、それが又と無い珍品で、現在のコレクションの中でも5本の指に入る代物。
 女鳥羽川の辺の路地にその店はあり、時計類は何時行ってもおいてあるが、珍品となるとそんなに簡単に有る筈が無く、それこそ先を占う店なのだ。
 この路地には三軒ほど時計が置いてある店があるが、この店意外に珍品が出たためしがなく、この店以外は只見るだけで、期待もしていないが、ひょっとして良い物が。

 12月のこの時期が空いており今が一番、近くの駐車場に車を止め、橋を渡って路地を進むと、急に心が騒ぎ出すが、SANY2896.JPGそんな時は必ずと言ってよいが、珍品は全く無く、心が騒がない時は珍品もあるとき、今までのパターンは今も続いている。
 そんな時は、近くに飲食店街があり、昭和の雰囲気を色濃く残して店が密集している所も、雰囲気を味わうのにはうってつけの路地である。
 古時計を探すのも良いが、この様な雰囲気のある所を散策してはいかが。
 美味しくて安い店が見つかるかもしれないし、観光客相手の店よりも、良心的で安いかもしれない。
 それが又旅人にとっては楽しみの1つなのだから、ゆっくりと自分の足で探してみたらどうだろうか、ひょっとしてとんでもない珍品と出会うかもしれない。
 そんな雰囲気を漂わせている店が軒を連ねているからだ。
 今では中々お目にかかれない店が続く路地は、何とも言えない趣がある。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月07日

招き猫の個性

    それぞれの顔
SANY8606.JPG
 招き猫、江戸末期からさかんに造られた庶民の信仰、福を招く、人を招く、商売繁盛を願う庶民の心。
 招き猫の起源は中国の故事によると言われ、日本に渡来してから徐々に変化し、いつしか商売繁盛の願い物となる。
 もともと京都伏見の郷土玩具、伏見稲荷の門前で売られていたものが、全国に広がり、何時しか商売繁盛のお守りとなる。
 はじめは素朴な物であったが次第に進化し、形も変わって行くことになり、何時しか現在の形となったようだ。
 発祥については色々な説が存在しているが、どれも後からつけたものが多く、どれがどうだかハッキリしない。
 其々の主張をしているが、どれも似たようなもので、証拠と言えるものはなく、言い伝えやねつぞうが。

 そんな招き猫、明治に入り形も確立し、全国隅々まで行き届くことに、やはり商売繁盛の守り神として。
 しかし、そんな招き猫だが、その姿はそれぞれに個性の塊みたいなものとなるが、製造元の意向もあったはず。SANY1104.JPG
 特に磁器製の招き猫が全盛期のものは、面白いくらい個性の塊みたいなもの、一つ一つ見ると実に面白いものだ。
 一見同じような顔をしていると思えるが、よく観察してみると個性があふれ、一つ一つ実に面白いもの。
 スリムな招き猫と思えば、少し太り気味のでっぷりとした招き猫もあり、作者の意向が表に出ている。
 どの招き猫が好みかは人それぞれ、どれが良いと言うものではなく、信仰の対象となるかである。
 いかにも商売繁盛が叶うような猫であることが、最大の願いであり、客を招いてくれるであろうと思わせる猫が良いのだ。
 そこには個性が満開、それを見越して色々なタイプの招き猫が製造されたことも、産地の思惑かも知れないのだ。
 人それぞれ好きなタイプの招き猫を身近において、商売繁盛を願ったものであろう、庶民の信仰でもある猫だ。











posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

浮世絵と時計

      種類は様々
SANY6504.JPG
 浮世絵、江戸時代に流行した浮世絵、歌麿、北斎、晴信などの絵師による浮世絵は人気が非常に高く、数多くの作品を残している。
 今で言うプロマイド的要素を持っていた浮世絵、当時は安く販売され、多くが製作され世に出され、人々からは大変な人気であった由。
 その為に作者は他の版元よりも先に、流行を作り出すことに心血を注ぐ事になり、数々の趣向を考えねばならず、これも頭の痛い難問であった。
 時代の先取りをした版元が売り上げを伸ばし、それについて行けない版元は消え去ってゆく世界、激しい競争を強いられていたようだ。
 そんな浮世絵、時代と共にその手法は変化、人気の絵師による浮世絵は飛ぶように売れ、版元は大いに儲けたらしいが、絵師には余り利益はなかったようだ。
 あれだけ売れていた葛飾北斎は長屋に住み、一日の暮らし向きも楽ではなかったようで、娘と2人して生活するのが精一杯だったと言SANY6496.JPGう。
 版元だけが儲け、絵師は少ない給金で雇われていたのだとすると、当時の浮世絵絵師は人気だけで金儲けには成らなかったのか。

 そんな浮世絵、流行の時計もチッカリと絵の中に偲ばせ、流行の先端を行く事に生きがいを感じていた様で、様々な時計を描いている。
 その絵を見るに実際の時計を見て書いたものかと、疑いたく成るようなものも多く、実際の時計とはかけ離れた姿をした物も描かれている。
 古くは江戸初期に既に櫓時計を描いた浮世絵が存在しているが、まともな時計の姿をしていないが、当時の雰囲気は伝わってくる。
 この傾向は時代が下がっても同じ事で、和時計を正確に描いた浮世絵はなく、画面の片隅に描かれているのが普通であり、あくまでも主役ではない。
 和時計を描く事により、その場面の時間を分かりやすくする為の小道具として描かれているから、その場の雰囲気を出す為。

 




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月05日

修理がはじまり

    毎年の雛巡り

 SANY8553.JPG瀬戸市の風物詩、雛巡りの時期がやって来るが早いものでもう師走、そろそろ準備に入らないと間に合わない事になる。
 知らない人は何でそんなに早くから始めるのかと言うけれど、何も問題がなければ心配はないが、問題だらけである。
 雛人形展は一か月以上、長期間展示されたのち又しまう事になるが、それが問題となるので後から大変な事になる。
 展示されたものは乾燥や湿気で傷んでしまう事が多く、ましてや古いものなので破損や破が生ずる事もある。
 勿論扱いには慎重にしているつもり、しかし一人で展示するわけではなく多くの人に手伝ってもらう事になる。
 自然に破損も多くなり、気を付けいていもそこは古いもの、当然やぶれる事もあるから慎重に行っても痛むものはいたむ。
 その上展示数が多い事も原因の一つ、三千体から四千体の古い雛人形を展示するから、ツイツイ失敗も起こる事になる。

 特に片付ける時に起きSANY8543.JPGる事が多いのだが、そこは人間ツイツイ焦ってしまい破損する事に、一番は御殿雛の屏風。
 雛人形展示の人気御殿雛、派手で豪華である事から人気、何時もの展示では30セット以上が展示され、その片付けの際に事件は起こる。
 不可抗力であり誰にも責任はないが、そのままでは来年は展示出来ないから、当然の事修理が必要となる。
 それが今から行わなければならないので、来年に向け修理開始となり、1セットづつ組み立てて見て検査をすることに。
 そして破れていれば、その個所を修理しなければならず、面倒な作業が必要となり、結果は今やらないと間に合わない事になるからだ。
 そんな事で今からが一番厄介な作業開始、根気のいる作業が続く事になるが、これをやらない事には雛人形展は出来ない。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月04日

何故かデュポン

    ライター好き
 若い時より煙草とは縁が深く、時には一日三箱から四箱はすってSANY3735.JPGいた事も、特に会議の時などは火が付いたままで次の煙草に。
 兎に角よく煙草を吸ったもの、あれだけ吸い込んだから健康に良い事はないだろうと思う、しかし今でも止められない。
 今は一日に1、2本以前と比べたら吸わないに等しいが、まだまだ止める気持ちはないから、煙草は続けてしまう。
 今は缶ピースだけしか吸わないが、このほかの煙草を吸っても全く吸った気にならないのだから、始末に悪い事に。
 普通は健康の為にニコチンの少ない煙草にするが、私は前からの煙草、缶ピースが好きでこれが一番、他の煙草はうまくない。
 勿論両キリ、つまりフィルターは付いてないもの、ダイレクトにニコチンやタールが口の中に入って来る煙草だ。
 今の煙草に慣れた人は少し吸っただけでむせてしまうしまい、せき込む人も多いが、これが本当の煙草である。
 一番好きなのは缶を切る時、何とも言えない香りが漂う、これが病みつきで止められない原因かも、兎に角香りが良い。
 そして若い時に凝りり凝ったものがパイプ、あのシャーロックホームズに憧れ、よく映画を見たもので、次から次へと事件を解決する姿がカッコ良かった。

 特にパイプ姿が一番、それで彼を真似てパイプに凝ったのもで、パイプをいろいろと集めては吸っていたものだが、まわりから嫌がられていた。
SANY4263.JPG 煙いし、臭いとさんざんであり、厳しい視線を浴びていたことを思い出すが、それも若気の至りで、止めようとしなかったのだ。
 そのタバコを吸うために必要なものがライター、ライターは何故か好きで、いろいろな種類のものを厚めに集めたものだ。
 変わったライターがあればついつい手が出てしまい、同じものをいくつも買い、後で失敗したと、それでもまた買い込んでしまう。
 そのライターで一番好きなものがデュポンのライター、特に漆塗りのライターが好き、この漆塗りのものを見つけると手が出てしまう。
 そしてあの開閉音、金属製のキーンとかん高い音、あの何とも言えない音が好きで、デュポンのライターを使っていたのだ。
 確かに音もよいが、火が付くときのあの音も好き、デュポン以外にあんな音がするライターはないから、いくつあってもこのライターは良い。
 それも昔の漆塗りのライターがよく、今の漆塗りは好きではない、ヤッパリ分厚く重い、あのデュポンでなければライターではない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

まる5年

    積み重ね

 SANY8397.JPG小さな蕾の小雑誌に自分の記事を載せてまる5年が来、長くて短い期間であったと思う反面、色々と悩んだ事もある。
 以前に自分の書いた古時計の本を出版、上手く出版社に乗せられて本を書くつもりになったが、物を書くと言う事が如何に大変かを身をもって経験した。
 その時は考えもしなかったことが後々後悔になる事をその時点では分からず、只々文章を書く事に追われていた。
 古時計の説明文であり、古時計の大体の事は頭に入っていると言う自負が、後で後悔のもととなる事も知らずに。
 文章と言うものは幾らでも書き換えられるとその時は思っており、多少の間違いは仕方がないと思っていたから、これが間違いのもと。
 後から書き換えられると思ってしまったが、イザ出版となると校正に神経をとがらせないといけないのだが、その時は安易に通してしまった。
 頭の底に少しくらいの間違いは大した事ではないと、そんな風に思い説明文も中途半端な確認で済ませてしまったのだ。
 本来なら慎重かつ十分な確認をしたうえで校正に臨むもの、それが一番安全な策とも知らず、早く済ませたいと言う思いだけでゴーサインをしてしまった。

 SANY8424.JPG結果は間違いの文章が多くあり、今でもその部分を読む時、自分ながらあきれてしまう事になるが、こんな事になるのだとはじめて気が付く。
 一旦手元を離れた文章は永久に戻らない事を実感したのだが、それは後の祭り、変えようにも変えられないのだ。
 そしてこの間違えは永久に残り、多くの人々に目にさらされることになり、恥ずかしい思いをその都度する事になるのだと。
 安易な気持ちで書いた文章が、後々重大な事になるとは今にして実感、慎重にも慎重にと思うようになったのだが。
 十数年経ち新たに文章の依頼が舞い込み、軽い気持ちで引き受けてしまい、60回を数え現在に至っているが当時の気持ちは何処へやら、今も性懲りもなく間違いを犯しているのだ。
 人と言うものは後悔の連続と言う人もいるが、あながち的を得ていると思うし、そうだとも思う今日この頃である。
 書いた文章は間違いであっても永久に残ってしまう事を肌で感じているが、何処まで身に染みたか同じ事をしているみたいだ。
 人間とは懲りない動物なのか、それとも自分がおかしいのか、どうして同じことをしてしまうのかいまだに分からない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月02日

確認事項

    今年最後の浜松ミーティング開催

 期日、12月9日 日曜日
 場所、浜松市東区小池町2543−4
    NKトレーディング事務 053−465−3666
 時間、11時30分開始
 会費、1500円 昼食含む
 尚、 オークションを開催します参加ください。

  日本古時計保存協会  事 務 局
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月01日

散歩道外伝

    思わぬ処に

SANY0993.JPG
 瀬戸の散歩道、本通りから一歩中に入ると、昔ながらの姿を残しているところが、あちらこちらに見つかる事になる。
 少し探して見ると今まで通り過ぎていた所に発見が、よく見ないと気付かずに通り過ぎ、注意が必要かもしれない。
 それらは主に土留めであったり、階段のアプローチであったり、塀の一部であったりするから、ヤッパリ注意して見る事だと思う。
 土留めと言っても大がかりなものではなく、せいぜい1メートルから1、5メートルくらいの低いもの、塀にしてもそんなに高くないもの。
 つまり、窯から出た廃棄物、それを捨てずに再利用するところにあるが、腕の見せ所はいかに美しく積むことである。

 丸い物や四角い物、長い物や平たい物、それぞれに瀬戸物を焼くために必要な道具であった。
SANY1034.JPG
 高温で焼成された器であり、強度的には十分なものだが、大きくない物ばかりだから、土留めにしても、塀にしても、大きなものには向かない。
 そんなものが大量にあった事から、それらを利用して何処に使うかと考えた事であろうが、身近な所に使う事にた。
 庭先の敷石のかわりに使ったり、溝などの土留めに使ったりと用途は多岐にわたることを知る。
 ただ積めばよいと言うものではなく、そこはその人の美的感覚、へんな積方をしたりしては恥をかく。
 だから積む人はセンスを必要とされ、恥をかかないようにと工夫して、各家庭で競い合ったようだ、今で言うブロック積みたいなもの、きれいに積み上げないと危ないし、見た目にもよろしくない。





posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記