2018年12月11日

特許

    記録から見る


SANY8390.JPG 明治から大正にかけて日本で製造された西洋時計、その多くが特許を取得しているが、それをたどるのも大変。
 明治期の時計製造者は最初特許と言うものに興味はなく、只々西洋時計を真似て造る事に専念していたと言える。
 西洋物を如何にして製造するか、それが主眼であり、自分が製造した時計の特許を取得すると言う事も頭になかった。
 勿論、コピーを造る事に専念をしていたから、それは当時の実力、無理からぬ事と言えるが、その後独自の西洋時計を製造する事になる。
 そおなれば自分の製造したものを他人が造る事には抵抗感が働き、自然と特許に目が行き、それを取得しようとする動きが出て来る。
 今でこそ特許の重要性は肌で感じられるが、当時はまだ疎かったと言え、重要だとも感じなかったとも言える。
 しかし逆にアメリカから特許をたてに賠償請求がされるに至り、重要性が身に染みるようになる。
 アメリカのコピーばかりしていた日本の製造者は、この一件から特許に対する意識ががらりと変わる事になる。
SANY8382.JPG
 記録によると明治18年から実施されたとあるが、実際には明治19年からの様で、この特許は発明特許、実用新案特許、意匠登録特許の3種類からなる。
 その中一番多いのは意匠登録、様々な意匠登録が申請させ、特許を取得しているが実際に発売されたかどうか。
 つまり特許だけは取っておいて、他社が製造できないようにする為のもの、特許を取得すれば15年は自社で製造でき、また他社に転売する事も可能となるため、現在でもそれは続いている。
 明治、大正の意匠登録を調べて見ると実に面白い意匠登録がなされていて、見た事もないものも多く存在している。
 記録と言うものは調べれば調べるほど面白い結果となり、はじめての発見もあり、驚く事ばかり。
 明治時代の日本の時計産業の著しい発展が実感できる資料、見ていても飽きないものが出て来るわ、出て来るわ。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記