2019年01月20日

思い出の品10

      人と違ったもの

SANY8476.JPG
 若い頃より時計に興味を持っていたが、実際に集めることはしなかったので、好きなものだけ買い求めていた頃、個性的な時計を手に入れた。
 皆と違ったものを手に嵌めたいと、奇抜な時計は無いものかとあちらこちらの店を回り、兎に角良く回り歩いたものだ、ある店では昔売れ残った時計を見せて貰い、気に入ったものを分けてもらった事も。
 その当時はリサイクルショップ等ない時代、質屋の売り出しに良く通ったもので、特に百貨店の売出しには朝から並んだ事もしばしばであった。
 百貨店の質流れ市、ここには多くの時計が集合するから、その中にはひょっとして自分好みの時計があるやも知れず、手当たり次第に質流れ市を回った。
 当時の質流れ市は大々的なものが多くて、大量の質流れの品があり、勿論値段も格安であったから、私たち金の無い若者にとっては格好の市であった。
 当然新品の時計は高くて買えず、自分の予算にあったものしか買えない事もあり、そんな予算内に時計を求めて探し回り、見つけ出したときの喜びは一入であった。

 そしてもう1つが鉄道の忘れ物市、この市も質流れ市と同じく、時計も良く出たもの、しかしSANY8473.JPG質流れ市のような品物も良く無いものが多く、それはそれで良かった。
 何故ならば質流れの商品よりもモット安く買えたからで、少し程度は悪いが値段には変えられず、遊び心で買い求めたものも多く、直ぐに飽きてしまった事も多い。
 やっぱり質流れ市には敵わず、忘れ物市はそれから足が遠のくことになるが、質流れ市は相変わらず巡ったもの、今回の時計がそれである。
 2つとも新品の状態の時計であり、売れずに取り残ったもの、今で言うデッドストックと言われる商品、当時は売れ残りの品として、安く売りに出されたもの。
 その中から奇抜な時計を掘り出して、自分好みの物を手にし、買い求めた時計、上の時計はブレスレットになった時計で、白黒の変わった文字盤と形が気に入って買い込んだ。
 勿論手巻きの腕時計、高級品ではなく、デザイン重視の腕時計、好き嫌いのハッキリした時計、目立つ事は目立つが、少し重いのが欠点だと思う。
 精度は二の次、格好良さだけの時計、この時計を良く使い、特に夏にはピッタリと使ったものだが、冬には向かない時計でもある。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記