2019年02月09日

グリコのおまけ

    販売促進用
DSCN1480.JPG 「おまけ」、この言葉の響きは何とも言えないもので、殆どの人が快く思っているものだと思う、つまり響きが良い誘い文句だとおもう。
 そもそも「おまけ」とは、本来その物だけで商売するのが当たり前、おまけが良いからと本体はそっちのけではおかしいのだ。
 元々は買って貰ったお礼として出していたもの、だからそんなに良いものでは無く、チョットした物をおまけとして出したのである。
 その代表格と言えるものがグリコのおまけ、私も子供の頃グリコは良く買っていたもので、本体のキャラメルはどちらでも良く、おまけ欲しさに買い込んだものだ。
 今でもはっきりと覚えているのは、近所の駄菓子屋に行き真っ先に買い求めるのがグリコ、当時レースカーが好きで、それを求めてのものであった。
 グリコのおまけに金属製のレースカーが付いており、それが欲しくてグリコのキャラメルを何個も買い込んだもの。DSCN1481.JPG
 色々なおまけが付いているが、自分の欲しいおまけが中々出てこないので、幾つも買い込んだがキャラメルは食べないのだ。
 当たり前の事であるが、そんなにキャラメルばかり食べれないもの、キャラメルが欲しいわけではなく、おまけのレースカーが欲しいだけの事。

 一日に何個か買い込んだと思うが、子供の頃であるからお金は無いので、祖母にねだってはお小遣いを貰っていた。
 母親には当然バレない様に祖母にこっそり貰っては駄菓子屋に行き、セッセとグリコのキャラメルを買い込んでいた。
 しかしこちらの欲しいおまけが中々出なくて、何個も同じ物がDSCN1484.JPG出てこともあり、折角祖母にお金を貰って来たのに欲しいものは出なかった。
 その当時グリコのおまけの箱は柔らかい箱、上から押さえれば大体の形は分かったが、そこは同じような形のものもあり、よく間違えたもの。
 だから結果は幾つも間違えて買い込み、失敗たしたものだから、要らないおまけが沢山集まり、友達と交換した。
 しかし欲しいものが同じで、こちらの思うようには交換できなくて、毎日がレースカーを探して駄菓子屋を巡った。
 近所の駄菓子屋で余り多くグリコを買えば、当然母親に分かってしまう事になるから、それがばれない様に遠い駄菓子屋に行く事に。
 DSCN1539.JPG子供の考える事はそれくらいの事、何処でバレるのかは考えもしない、自分ではバレないと思っていたが、隣の友人が母親にバラしてしまった。
 母親にバレてしまった後は暫くはおとなしくしていたが、欲しい物は欲しい、こそこそと母親に分からない様に祖母に御金をせびって、またセッセとグリコを買い込んだ。
 そんなグリコのおまけ、粉ミルクのブリキ缶に二杯分はあったが、引っ越しの時に何処に紛失してしまい、今は無いのだ。
 あれだけ精力的に集めたおまけも、現在残っているものは数が少ないが、それでも楽しい思い出の品。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月08日

如月

    1番寒い

SANY2340.JPG 1年の内で1番寒い頃、如月2月の呼び方でもあり、この語源は色々あるらしいのだが、中国語源説もその1つだ。
 中国では如月は単に2月の読み方であり、其れが直接日本の2月の如月とは違うとも言われ、この語源は違った意味で色々。
 如月、衣を更に重ねて着る月(気更来)、読んで字の如く、1番寒い頃となり一枚余分に着重ねる月だから、如月となったという説。
 確かにこの時期を表すに持って来いの漢字、気更来(きさらぎ)とかく、漢字だと意味が良く分かる気がするものだが、当て字だと言う人もいる。
 更に他の説は、陽気が更に来る月、気更来(きさらぎ)この漢字の当て字も、確かに陽気が更に寒くなる頃、良く漢字で表している。
 日本人は自然と上手く付き合ってきた証しだと思うのだが、兎に角2月は寒い時期、この2月を表す漢字も又色々あり、仲春、初花月、梅見月、建卯月など色々とある。
 この2月は建国記念日の月でもあり、節目の月と言う事、立春、豆まきと節目、古来2月は特別な月であることは歴史が物語っている。
SANY2346.JPG
 紀元前660年、神武天皇は奈良樫原の宮で、この年の2月11日に天皇に即位、この日を記念して建国記念日として制定された。
 これが日本の国の始まりと云われ、それ以後延々と語り継がれてきたが、史実はどうあれ季節の節目である事には変わりない。
 この節目には邪気が入ると古くから言われており、その邪気を追い払う儀式が節分、大豆を焼いて邪気を追い払い、家に邪気が入り込まないようにしたのだ。
 そして明ければ立春、これから春が始まるぞ、待ちどうしい春を迎える行事も古くから伝えられた伝統行事でもあるものだ。
 この様に如月、2月は季節の変わり目だけでなく、様々な節目に当たる月であること、古くからの慣わしが現在も行われているのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月07日

情けない話

    ポートベロー
SANY1341.JPG
 友人に連れらるてはじめて行ったポートベロー、うわさは昔から聞いて知っていたが、実際に見るのははじめて。
 行く前は良いものがあれば買いたいとか、安いものがあれば直ぐ買うとか、そんな思いをしていたが現実に目の当たりにすると、中々買う気にならないのは何故、行く前と全く違う感じだ。
 良いものを安く買い込む、そんなつもりで来たはず、しかし現実は不思議なもので、良いものを見ても買えないのだ。
 勿論言葉も通じないとの思いもあるが、友人はペラペラの英語をしゃべるから、そんな事も心配ないが、でも目の前にある時計が買えないのだが、なんだろうと思っていたら友人、「何をビビっているのか、どんどん交渉しろ」とハッパをかける。
 確かい彼の言う通りかも知れないのと、はじめての事でポートベローと言う町にビビっているのだと自分でも思う。

 落ち着いて見ると、欲しい時計が目の前にあるのだが、自分の感覚ではいくらで買えばよいのか分からないのだ。
 すると友人「何している、お前の目の前にあるのは欲しいと言っていた時計じゃないのか」とまたもハッパを掛けられる。
 時計も分からない友人にハッパをかけられ、ビビっている自分が情けないと思い、仕方なく店主に問いかけてみる。
SANY1355.JPG 片言の英語で「ハウマッチ」と一言、すると店主が早口でまくしたてるので、再び固まると、隣で友人が助け舟。
 サッパリ分からないが友人まくしたてて相手に迫る、店主その態度を見て「ユーはバイアーと」と問いかけてきた。
 とっさに「イエス」と返すと、態度が一変、玄人の扱いを、そのことで気持ちが落ち着いてやっと交渉が出来るように。
 そんな事でポートベローで初めて買った時計がこの時計、新しいもので良いものでもないが記念すべき時計となった。
 時計が良いものだとかではなく片言の英語で買った事、この時計を見るとビビっていた自分が恥ずかしく思え、また懐かしくも思える。







posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月06日

氷柱

    大きさが違う

SANY2206.JPG
 まだ寒い日が続き2月の寒波が、最近の雪はどか雪、雨もそうだか雪もまた普通の降り方じゃないのだが、気象状況も不可思議。
 ゲリラ的に集中、どか雪を降らすが、尋常な降り方ではなく一気に積もり異常事態に、以前はこんな降り方はしなかったと思うが。
 しかも、雪が少し降った位で都会の交通網は弱い、しかも運転する人も雪にはなれていないのでてんやわんやの大騒ぎ。
 雪国の人たちが笑っているがどうしようもないのだ、スリップして車が動けず、次々と止まってしまい交通渋滞を起こす。
 少しの雪で電車もバスも飛行機も、兎に角雪には都会はもろいもので、全部が止まる始末、家に帰れない人が多く出る事もある。
 逆に雪国の人も一気に降る大雪は経験したことが無いと言う、毎年降る雪だがこんな形で降る雪にはお手上げ状態と言う。SANY2303.JPG
 雪が積もれば子供達は大はしゃぎ、普段外で余り遊ばない子供も、この時ばかりは外に出て雪合戦や雪ダルマを作って遊ぶのだ。
 昔はよく見かけられた風景だが、こんな事も今では珍しくなってしまい、家の中に篭りきりでゲームばかりやって過ごしている。
 都会の子供は雪と遊ぶ事も稀だから、如何して良いのか分からないらしいが、困った時代となってしまったよう、遊ぶにも遊べないとは。
 最近は滅多に見ることも無い状態、この前の雪で、前の家の軒下に氷柱が下がっているのを見つけたが、この氷柱、雪国では物凄く大きなものが出来るが、都会ではそんなに雪が積もることが無いので、氷柱も大きくならないものだ。
 しかし雪国の氷柱は兎に角物凄く大きくて、都会の子供が見るとビックリする大きさ、寒暖の差が大きければ大きいほど、氷柱は大きくなると言う。
 わが家の前に出来た氷柱は小さく、それでも氷柱が出来ていれば、手にとって見たくなるが、雪国の氷柱は桁が違う大きさ。
 写真は家の前に出来た氷柱と、この前に野沢温泉で見てきた氷柱、比べようも無いほど大きさが違い、この大きさでもまだ小さいとか。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月05日

外貨を稼ぐ

    こんなものが

はと2.jpg
 尾張瀬戸で製造された陶器が海を渡り、当時貴重な外貨を稼ぐことに、ノベリティーと呼ばれた輸出もの。
 戦後、瀬戸の陶器が海外で好評を博し、大量に海を渡って行ったが、そのほとんどが玩具の人形。
 ドイツのマイセンの向こうを張って、数多くの人形が製造され海を渡ったが、はじめはマイセンの人形とは大分差があったようだ。
 敗戦国同士であるが、ドイツの人形は洗練され、古くから製造されていたもの、それと比較して瀬戸は後発の製造となる。
 当然ドイツ物を追いかける事になるが、その技術は急速に発展し、マイセンと肩を並べるまでになる。
 その製造された殆どが海外に渡り、日本国内には存在しない物となってしまったが、昨今は逆輸入され国内でも見る事が出来る。
 高級品になるとどれがマイセンで、どれが瀬戸だと思う位見事な出来栄え、その技術の高さの証明でもあった。

 そんな人形たちの混じって、他のものも多く製造されて海を渡ったが、その中に花入れも入っていた。
 時計の形をした花入れがそれ、色々な種類の花入れが製造され、特にアメリはと.jpgカで人気を博したと聞く。
 当時、瀬戸で製造していた花入れを私も見ていたが、何でこんなものがアメリカで売れるのか不思議であった。
 いつも見ている窯元で忙しく製造されているものを見、アメリカ人はこんな物を何処で飾るのかと。
 そんな思いで造るところを見ていたが、今見てもヤッパリ誰が使ったのだろうと不思議に思う。
 花入れにしては小さなもの、普通の花入れの半分位、それよりもモット小さなものも、だからこそ疑問であった。
 写真の花入れがそれ、せいぜい10センチ位のもの、これで花入れなのかと思ってしまう。
 しかし、この小さな花入れが当時多く製造され輸出されていたから、事実アメリカで売れたのだろう。
























posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計裏話

2019年02月04日

古物市場

    素人は入れません
 
SANY8569.JPG
 骨董品やアンティークなものは何処から市場に出て来るのか、良く蚤の市や露店の市場で売っているものは誰が集めて来るのか。
 素朴な疑問が湧いて来るが、販売している人が集めて来るものと思っている人、それは中々無理な事である。
 何時も、何時も、自分で売るものを集めていたら、幾つ身があっても足らないと思うが、どの様にして集めて来るのか。
 そんな思いを持っている人は多いのでは、当たり前の事だが古物商が、あれだけの商品を自分で集めて来るとは思えない。
 確かにその通りで、骨董品やアンティークはそれ専門の市場が存在しており、その多くはこのような市場から商品となるものを買うのだ。
 全国で古物の市場は多く存在し、そこで売買されたものが市場に出回る仕組み、このような市場に商品となるものが持ち込まれる。
 普通、古物市場は古物商の免許が必要、素人がこの様な所に商品を持ち込む事は出来ないし、買う事も出来ないのだ。

 この市場には買出し屋と言われる古物を扱う人が、旧家や田舎の古い家を周り、色々な物を買いだしてくる。SANY0564.JPG
 彼らは販売する店を持たない人達、この市場で買い出して来たものを販売するために来るが、その人が直接売るわけではない。
 市場は集まって来た古物を取り仕切る人がおり、セリ場と言われる様に、骨董商を商う人達が集まり、集まった古物を競る。
 ここに集まって来る物はありとあらゆるものがあり、古い物から新しいもの、高いものから値段の付かない様な物まで、ピンからキリまで。
 兎に角集まって来る物は何でもあり、時には高価な物あり、時には珍しい物あり、それが無造作に集まるのだ。
 それらの集まったものを下見して、気に入ったものに自分の欲しい値段を提示、欲しいもの同士が競り合う仕組み。
 この様な市場では目利きが一番大事、目利きでなければ良いものは買えず、逆に目利きであれば皆が手の出さないものが安く買える事も。
 そんな事が起きるのもこの様な市場、素人は入場も出来ないが、セリを見るのは実に面白いものだある。



posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月03日

鬼やらい

    節分祭

 SANY8911.JPG節分、二十四節気の立春前の雑節の1つ、立春の前日豆まきをして邪気を払い、無病息災を願う年中行事、この日を境として暦の上では春。
 節分の歴史は古く中国渡来の文化、日本に伝わったのは古くて、文献として確認できるのは706年、慶雲3年宮中にて文武天皇が豆まきをして邪気を払ったのが最初と言われるが、それ以前にも既に日本に伝わったようだ。
 元々中国では古くから邪気を払うために火で豆を炒り、邪気を追い払ったと言われており、其れが日本に伝わって節分の豆まきとなったようだ。
 季節の変わり目、変わり目に節分は存在していたが、立春前の日が今でも伝わり、この日が節分として残ったようで、後は行われなくなってしまった。
 節分とは「鬼やらい」、追儺(ついな)とも呼ばれ、邪気を払う行事の事、邪気は鬼門の方角から入り込むと言われ、鬼門(北東)の方角は丑寅。
 丑寅の方角を鬼門、鬼は牛の角を生やし、寅のように猛々しいとされ、赤鬼、青鬼と色々な鬼が存在し、災いを運んでくるものだ。
SANY8890.JPG
 この鬼を炒った豆で追い払う儀式、あの鬼の格好とは頭に角を頭に生やしているが、これは「牛の角」、そして「パンツをはいている」が、あれは「寅のパンツ」見慣れた鬼の格好は鬼門から来ているものだ。
 何故寅のパンツを履いているのかは、こうした故事から来ている事をあまり知らない人が多い、鬼の姿1つにもいわれがあるものだ。
 そして、この地方では家の出入り口にヒイラギの枝にイワシの頭を焼き突き刺して掲げ、邪気が出入り口から入らないようにするお呪いを行う。
 ある人に言わせると「イワシの頭も信じんからは、ここから来ている」と言うが、果たして本当なのか、鬼もイワシの焼いた匂いを嫌がるらしい。
 ヒイラギにイワシの頭を焼いて刺すことを、焼嗅(やいかがし)と云い、これも古くから鬼(邪気)から身を守ると信じられてきた行事だ。
 地方によっては節分の行事も其々であるらしいが、春を待つ人の心は古くから待ち遠しく、寒い冬の終わりを告げる行事を今に残しているものだ。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月02日

常にライバル

   切磋琢磨して

 何事の蒐集にもライバルがつきもの、どんな蒐集をしていてもライSANY2170.JPGバルは存在しているもの、自分だけがそれを蒐集している者ではなく、必ずや他の人も居る。
 何時の時代もライバルは存在しており、ライバルが居なければ張り合いもなく、それはそれとして面白くも無いものに、やっぱりライバルが居ないと寂しい事。
 自分が蒐集している物が、まつたく他人には興味が湧かなければ、自分の蒐集が価値の無いものに思えて来るから、人とはそう言う生き者だと思う。
 ライバルは居ない方が良いと思う反面、全然居ないと張り合いが無く、さらに自分が集めているものが無意味なものと思え、やる気も起こらなくなるから不思議。
 逆にライバルが多すぎれば求めても、求めても手に入らない事に、ライバルとはやっぱりそんなもの、私の場合もライバルは多く、今でも存在している。
 存在と言うのか、宿敵と言うのか、事ある毎にぶつかり合うとか、決して喧嘩をしているのではなく競い合っているので常に存在が其処のある。SANY8754.JPG

 古時計に限らず、蒐集はこのようなライバルとの競い合い、力と財力では負けても、努力では負けないと、そんな肩肘をはって今日も古時計を探し歩く。
 よく言われるのは、金持ちが勝つに決まっていると、古物の世界とはそんなもの、財力が無ければ勝てないとも言われ、やっぱり金の力であると。
 しかし私の仲間は金の力は無いが、努力だけは負けないと頑張っているもので、その努力が最大の武器、兎に角求めるものを求めて足で稼ぐのだ。
 ある人に言わせると「そんな無駄な努力はよしなさい」と言うが、それを無くしたら手段が無くなるのだと、そんな思いでお互いに努力するのだ。
 時には無駄を承知で歩くことも、その行動こそが明日に繋がると信じて、そんなライバル同士で仲間をつくり、競い合って居るのもまた楽しいもの。
 あるライバルが自分の求めている時計を手に入れたと聞けば、「やっぱり先を越されたか、残念」と思う反面、よし自分も手に入れてやると益々頑張るのだ。





posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月01日

またまた自然薯

      そろそろ底に

 SANY2169.JPG自然薯、山の恵みとも言うべき食べ物、小さい頃から食べなれたもの、秋になると親父が何処からともなく自然薯を持ってくる。
 知人たちが山に取りに行くからだが、そんな自然薯、簡単には取れないもので、簡単に取れるものは余り旨くないのが多く、すんなり育ったものは粘りが少く美味しくない。
 楽な取り方をした自然薯は旨くなく、苦労して取り出したものは旨い、ヤッパリ自然薯は栄養の少ないところと、環境が良くないサバ土の処の物が1番。
 粘りと香りが違う、現在みたいに畑で栽培している自然薯とは絶対に違う、あれは自然薯と言わず、栽培した偽物である。
 苦労して山から掘り出したものと同じでは、本物の自然薯に失礼であり、一緒にして欲しくないと思っているに違いない。
 その自然薯、正月用に暮れに6`買い込み庭に埋めていたが、正月に使った残りが少々あったので、本日のメインデッシュとする事にした。

 正月は親戚一同で自然薯を食べたが、40数人も集まるので其れは大変、我家では正月のご馳走であり、其れを楽しみに来る親戚ばかりだ。SANY2173.JPG
 小さい頃から食べている孫達も大好きな食べ物、恐ろしい位に食べ尽くすので、瞬く間に自然薯はなくなり、残ったものが少しあるだけ。
 そんな自然薯を掘り出して、今夜の主役にしてやるためにすり出すが、我家ではこの摩り時間を堆やするのが習わし、子供の頃からの習わしでもある。
 兎に角良く摩る、親父は自然薯は摩りが大事で、これによって味が全く違っ食べ物になると言っていて、確かに時間を掛けて摩った。
 大抵は2時間は摩り、きめ細かな泡がたつまで摩り、カツオと昆布の出汁で薄める。
 長く摩り下ろした自然薯は喉越しが全く違い、其れを可能にするのは山椒の木で出来たすりこ木だ。
 太くて長い山椒木で出来たすりこ木は中々なく、最近では中国製の物が出回っているようだが、風味が違いヤッパリ国産物に限る。
 この国産の山椒の木で出来たすりこ木を使って仕上げた自然薯が最高の味、長い時間を掛けたものほど旨さが増すのである。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記