2019年02月03日

鬼やらい

    節分祭

 SANY8911.JPG節分、二十四節気の立春前の雑節の1つ、立春の前日豆まきをして邪気を払い、無病息災を願う年中行事、この日を境として暦の上では春。
 節分の歴史は古く中国渡来の文化、日本に伝わったのは古くて、文献として確認できるのは706年、慶雲3年宮中にて文武天皇が豆まきをして邪気を払ったのが最初と言われるが、それ以前にも既に日本に伝わったようだ。
 元々中国では古くから邪気を払うために火で豆を炒り、邪気を追い払ったと言われており、其れが日本に伝わって節分の豆まきとなったようだ。
 季節の変わり目、変わり目に節分は存在していたが、立春前の日が今でも伝わり、この日が節分として残ったようで、後は行われなくなってしまった。
 節分とは「鬼やらい」、追儺(ついな)とも呼ばれ、邪気を払う行事の事、邪気は鬼門の方角から入り込むと言われ、鬼門(北東)の方角は丑寅。
 丑寅の方角を鬼門、鬼は牛の角を生やし、寅のように猛々しいとされ、赤鬼、青鬼と色々な鬼が存在し、災いを運んでくるものだ。
SANY8890.JPG
 この鬼を炒った豆で追い払う儀式、あの鬼の格好とは頭に角を頭に生やしているが、これは「牛の角」、そして「パンツをはいている」が、あれは「寅のパンツ」見慣れた鬼の格好は鬼門から来ているものだ。
 何故寅のパンツを履いているのかは、こうした故事から来ている事をあまり知らない人が多い、鬼の姿1つにもいわれがあるものだ。
 そして、この地方では家の出入り口にヒイラギの枝にイワシの頭を焼き突き刺して掲げ、邪気が出入り口から入らないようにするお呪いを行う。
 ある人に言わせると「イワシの頭も信じんからは、ここから来ている」と言うが、果たして本当なのか、鬼もイワシの焼いた匂いを嫌がるらしい。
 ヒイラギにイワシの頭を焼いて刺すことを、焼嗅(やいかがし)と云い、これも古くから鬼(邪気)から身を守ると信じられてきた行事だ。
 地方によっては節分の行事も其々であるらしいが、春を待つ人の心は古くから待ち遠しく、寒い冬の終わりを告げる行事を今に残しているものだ。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記