2019年02月15日

旅の思いで品

      懐 か し く

 SANY8876.JPG旅の思い出は懐かしいもの、どんな小さな旅でもおもいではあり、其れが後からやってくるから又楽しいもの、思い出は時として間違っていたりもするが、そんなことはお構い無しだ。
 誰でも旅の思い出は心に響くもの、どんな事でもそれは楽しい思い出であり、小さい頃の思い出、大人になってからの思い出など幾つかあると思う。
 其の一つ一つが旅の足跡であり、失敗談や羽目を外して大騒ぎした事等、今思うと楽しい思い出となって帰ってくるもの、其の旅先の思い出に繋がる品物があれば尚更良い。
 その品物を見ると自然に旅先の事が思い出され、懐かしさがこみ上げてくるもので、其れがどんなに小さなものでも良く、例えば箸袋やタオル、マッチやパンフレットなど、何でも良い。
 それを見ることで旅が鮮明に脳裏に浮かび上がってくるもの、記憶とは単に頭の中だけでなく物も其の記憶を呼び起こす道具でもあり、其れがあればより鮮明に思い出すものである。
SANY8880.JPG
 私は旅に行くと必ずマッチを貰ってくるのが習慣、かさばらなくて宿には必ず置いてあるから、気兼ねなく持って帰られるからだが、そんなマッチでも、特に特徴のあるものは尚更の事。
 個性的な図柄も楽しいもの、一目でその時の事が思い出されるのも個性ゆえに記憶が強く、旅の思い出の中でも一段と思いも深くなるもの。
 そんなマッチを製作した宿や店主の粋な計らいを察するのも、旅人の使命かもしれないが、案外見過ごす人が多いもので残念なことだ。
 写真は左は九州柳川のお花のマッチと島根県宍道湖の八雲本陣のマッチ、二つとも思いで深い宿、昔の佇まいをそのまま残している所。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記