2019年03月03日

雛の節句

    厄払いの儀式

 SANY0103.JPG3月3日は雛の節句、子供の成長を願ってひな人形を飾る、現在はこのようなお祭りとなっているひな祭り。
 昔は上巳の節句と言い、厄払いの儀式を行っていたもの、中国よりの渡来文化と言われ、平安時代以前に日本に伝わったと言われる。
 五節句の一つで、人日(1月7日)七草の節句、上巳の節句(3月3日)雛の節句、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)、重陽の節句(9月9日)。
 その中の3月3日が上巳の節句であるが、もともとは3月上旬の巳の日に行っていたようだと言う、それが3月3日になったらしい。
 それが江戸時代に入り、雛の節句は女の子の節句となり、男の子の節句は5月5日となって行くらしいが、それは江戸の中頃からと言う。

 勿論これは雛人形の発達とも大いに関係があり、雛人形が古今雛、有職雛、次郎左衛門雛と分かれて行く過程で確立したようだ。
 もともと厄払いの儀式から始まった節句、子供の成長を願った親の心を表してもの、武家から次第に庶民にも伝わSANY0651.JPGる事になる。
 しかしながら一般庶民が持てるようなものではなく、裕福な商人や豪農などがそれを祝った位であった。
 この雛の節句が本当の意味で盛んになったのは戦後の事、それまでは一般の庶民は簡単な雛人形を飾っていた。
 押絵雛、土雛、紙の立雛、吊るし雛などの簡単なものであったようで、今の雛人形の形はやはり戦後と言って良い、そなん雛の節句、今回も瀬戸の雛巡りに参加、今年で13年になり展示会場は24か所と多く、土雛をはじめとして明治、大正、昭和の雛人形を展示しているが特に享保雛に人気が集中、古い時代の雛人形が見学できると人気のよう、今日は特に見学者が多いと思う。












posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記