2019年03月13日

親子招き猫

      子供が可愛い
SANY8425.JPG
 今回も招き猫、発祥地については様々な説があり、どれがどうとは言えないもの、我が方が元祖とか発祥地とか、自分本位で勝手に決め付けている所が多い。
 しかし、実際には歴史的根拠も無く、又立証もされていないので、どちらが正しいかもハッキリしないから、益々勝手に唱えている。
 歴史的事実に基づいて言えば、やっぱり、京都伏見の門前で売られていた伏見人形が1番ハッキリしているもの、この土産物の伏見人形が母体であると言われている。
 色々な説をまとめても、結果は古い現物が発見されていない事と、文献だけで主張しているもの、その点伏見人形は全国に散らばり、それが手本となった。
 全国の郷土玩具も殆どが、伏見人形をモデルとしているもの、そこから独自の土人形が発展して行く、当然招き猫もその範疇にあったものと思われる。

 SANY8435.JPGあの独特の形の招き猫は幕末に出来上がったようだが、古い現物は少なく、それが又謎めいており、論争を巻き起こしてもいる元に。
 古い浮世絵や版画に描かれている招き猫、現在の正面を向いた形ではなく、横を向いた招き猫、昔の形は横向きだったことがうかがえる。
 写真の招き猫、その古い形をした招き猫、伊万里で作られた招き猫だが、明治中期に作られたもので、可愛らしい子猫を2匹連れている。
 本来の招き猫の形とは少し違っているが、古い形式を採用している事と子猫を連れている為に、一味違った招き猫となったもの。
 これは京都伏見人形の流れをくむ証拠のもの、伊万里だけで作られたものではなく、他の産地でも同じ様な形の招き猫は存在している。
 ご覧になってどうだろうか、この招き猫のように子供連れの猫は可愛らしく、如何にも郷土玩具らしいもので、親しみやすい招き猫となっていることが嬉しい。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記