2019年03月17日

古時計巡り

   大きな変化が

 若い頃より続けてきた古時計巡り、今もって卒業できず続けいてるが、前とは少し様子が違う事になっており、現役SANY9189.JPG時代の様には毎週飛び回ることは出来ず、今は出来る限り出掛けたいと思って挑戦している。
 今までの様には行かない事は頭の中では理解しているが、片方の自分がそれを良しとしなくて困っているのも現実。
 勿論、今は年金生活で当り前みたいに自由に資金を使うことは出来なくて、隠し金を頼りにしているのだが、こっそりと「へそくり」を少しづつ取り壊して古時計購入に充てているが、貯めたものは直ぐに減って行く事に、当然の事友人もまた同じ事、それでも2人して古時計巡りに出かけ、今もって現役時代と同じ心持に居るからどうしようもないが、しかし、資金が続かなくなることに、当り前の事だがお互い分かっていて、そこは自重しているつもりだが。

 とまあ分かったような事を言っているが現実は厳しく、今までみたいには行かず良いものに出くわしても2の足を踏むことに、現役時代は直ぐに買い求めて友人に「そんなに買ってどうする」と良く注意されたが、今は其れはない。SANY9203.JPG
 ないと言うよりは出来ないので、今まで買った中で処分しても良いものを手放して、資金に充てている始末、なにしろ持っている古時計の数が多いからダブっているものを処分、資金をつくらなければ買い求められない現実。
 それともう一つ問題のものは雛人形だ、瀬戸の雛巡りを毎年やっている事もあり、享保雛だけは展示のため買う事に古時計と享保雛、今以て2つ追いかけているから厄介で、特に雛巡りの展示のため大型の享保雛を狙っているが値段が高くて、良いものは和時計よりも高額。
 去年の暮れにその大型の享保雛の良いものを手に入れたが、その為に多くの古時計が犠牲となってしまったがそれも仕方がない事、今も雛巡り展示用の享保雛を探すため進行中、資金がないからどちらかを優先しなくてはならず、それが現役時代と大きく違う点、しかし毎は2つとも止めるつもりは全くない。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記