2019年04月01日

四月馬鹿

   エイプリルフール

SANY9322.JPG 4月1日は四月馬鹿とも呼ばれ日本ではそんなに古くない風習みたなもの、この日は嘘をついても良い日と言われ、冗談で嘘を言う日だそうだ。
 子供の頃、そんな事を言われてどんな嘘をつこうか頭を悩ました記憶が、当たり前の嘘では皆が喜ばないからだ。
 皆が喜ぶような嘘とはどんなものか、その時は自分なりに考えて嘘をつこうと、頑張った記憶が頭に浮かぶ。
 そもそも四月馬鹿とはどんなものなのかハッキリ分かっておらず、メチャメチャな嘘をついていた子供の頃、今思えば他愛のない嘘である。
 日本ではあまり大きく嘘をつく人はいないが、海外では相当大きな嘘をつく習慣があると言う、それもユーモアのある嘘をつくのだ。
 日本人はユーモアに欠けた民族だと言われ、余りユーモアも通用しない様で、逆に信頼を無くしてしまいそうに思ってしまう。
 逆な言い方をすればどの様にユーモアな嘘をついて良いものなのか分からず、ぎこちないユーモアになってしまう事になる。
SANY9525.JPG

 そこえゆくと外国人は確かに愉快な嘘が得意、それもユーモラスな嘘、如何にも楽しんでいるかのような嘘、それが出来るのだと思う。
 日本人のようなまじめな嘘ではなく、クスと笑いたくなるような楽しい嘘を簡単につく事だと思うが、何故それが自然にできるものなのか。
 やはり幼い時からの積み重ねだと感じるが、長い歴史の中ではぐくまれて来たもの、イギリスの国営放送BBCがついた嘘も面白いものだと思う。
 国営放送が嘘をつくから大変、日本ではありえない事だがさらりと嘘を、それはビックベンの時計がデジタルになったと言うもの、まさか本当かと。
 あの有名なビックベンがデジタルになったとは驚き、さあ大変な事になったと思いきや、エイプリルフールだと気が付く嘘なのだ。
 これがイギリスで行われたとは信じがたいが、事実BBCが4月1日に行った嘘、楽しくて愉快な嘘でもあったと思える。


続きを読む
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記