2019年04月10日

童謡、唱歌

    懐かしい童謡  
SANY9593.JPG
 ようやく春が来たと言う感があるが、そんな雰囲気ではない所もあるだろうが、しかしこんな時だからこそ、心の支えが無ければならないと思う。
 野に咲く花は一輪でも人の心を慰めてくれるもの、いろんな言葉より遥かにやさしく心に入って行くのであろうと思う、一輪の花にはそんな力がある。
 歌もまた心にしみるもの、「辛い時」、「悲しい時」慰めてくれるのも、勇気付けてくれるのも歌であり、歌が人を繋ぎあわれる力を持っていると思う。
 被災されている人は、何かのよりどころを求めていると思う、そんな時ほど心にしみる歌、それは童謡であり、唱歌であると思うのである。
 テレビニュースの中、避難所で子供たちが人々を前に「ふるさと」を合唱しているところを見て、大人の方々が涙ながらに一緒に歌っていた姿、これこそが唱歌の力だ。
 子供が歌う「ふるさとの歌」に皆が共感する、大人も子供も1つにすることが出来るのは、歌であり「童謡、唱歌」であると思うが、今の学校教育では、「童謡、唱歌」は一切教えないそうである。
SANY9600.JPG
 今の教育関係者によると、時代に会わないからとか、戦前教育の一環であるからとか、訳の分からない事で童謡や唱歌を教えないそうであるが、自分たちの教えた歌が、今被災地で子供も大人も歌っているのかと言いたい。
 古いから今の時代に合わない歌が、何故被災地で子供が「ふるさとの歌」を歌って共感を得ているのか、そして歌っている子供たちもまた、この歌に惹かれている現実を見つめて、如何なのかと思わないのか。
 今、全国の被災地で1番リクエストの多い歌は「ふるさと」の歌であるらしい、大人も子供もこの歌を歌って勇気ずけられるのであろうが、その歌を今教えてないとは。 
 童謡、唱歌は時代と供に受け継がれて行くことこそ、本来の姿なのではないのか、その役割を立派に果たしている童謡唱歌、何故教えないのか、私には理解できないし、私の変な拘りなのかも知れないが、皆さんはどう思われるのであろうか。





posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記