2019年05月11日

もっこうばら

    今がさかん
SANY1909.JPG
 この時期、四季のうちで1番活気がある時、あちらこちらの木々は新芽を噴出して、青葉若葉の季節だ、桜があっという間に散ったと思ったら、もう若葉で一杯。
 うちの庭にも若葉が芽を吹き出していますが、これから盛なのがバラで、普通のバラはまだつぼみの状況、その中にあってひときわ元気なのがモッコウバラである。
 以前よりフェンスに這わせてあるが、毎年この時期が1番良い時、小さな花を一杯咲かせ、黄色と白のコントラストが見所、今1番元気な時とばかりに咲き誇る。
 このモッコウバラ、ヨーロッパ原産だと思っていたら、なんと中国が原産地らしいと知ったのは最近、たしかにヨーロッパにしては少し地味かなとも思っていた。
SANY1921.JPG
 ヨーロッパのバラと比べると花が小さい、しかしつるバラらしく幹をいっぱいに伸ばし、咲く様は見事だと思うが、このバラとげが無いのが又扱いやすい。
 バラは良いが、とげがあって扱いにくく、病気には弱く、消毒の繰り返し、やっぱり手間がかかるもの、その点このバラは手間いらずで花が一杯咲いて楽しめる。
 このバラ、実は高貴なバラであり、「秋篠宮眞子内親王」のお印となっている花、皇族の印となった花であったとは驚き、殆どが黄色の花が咲く、八重咲きのバラ。
 一重の花もあるらしいが、我家のバラは白も黄色も八重咲き、しかしこのバラは直ぐに盛りを過ぎてしまい、四季咲きのバラとは違い、長く楽しめない花である。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記