2019年05月23日

相性

   巡り合い

 古時計を探し求めていると、何故かしら不思議な事に気が付く事に、それは幾ら追い求めても中々巡り合わない事、どうしてSANY9900.JPGも手に入れたい時計があり、それを幾ら探し続けても見つけ出せない事、目の前にあったとしても手に入らない。
 不思議なもので今までに何度か経験しているが、それが何だか分からないので人にも聞いてみたが、何故かしら他の人にはそんな事はあるのかと、ひょっとして自分だけがそんな目に合っているのかと思う事もあった。
 古いものを追いかけていると不思議な事に幾つも出くわす事に、幾ら探し続けても見つからないものと、探さなくとも手に入るものとがある事だ。
 それも偶然に手に入る事があるが、古時計があるはずのない所でそれは見つかる事も、偶然だけでは無いように思う。
 ある人が相性の合わないものは幾ら追い続けても逃げて行く、しかし反対に相性の良いものは向こうからやって来ると言うのだ。
 古いものを求め、追いかけていると何気なしに思うのは相性、何度となく見つけても自分の手に入らないものがそれだと思う、勿論、私が探しているものが私だけならば良いのだが、現実は他の人もそれを探し求めており、実際は早くそれを見つけた人が手に入れられるのだ。
 早く見つけ出すと言っても巡り合わないなければ手に入れられず、巡り合うことが肝心であるのだが、それが相性だと言うのだ、古い物には不思議な力が宿っていると言う人もいて、向こうが手に入れられる人を選ぶのだとも言うのだが果たしてそおだろうか、相性が良く、向こうが選んでくれなければそれは手に入れる事が難しく、手に入らない事が多いのだと言う人も多い。
 例えば何となく人との相性は分かるが、古い物との相性は自分には分からないもの、それをどう知るものなのか知りたいとも思うが、果たして相性とはどんなものなのか、不思議なものである事は分かるのだが、しかし実際にはどの様なものなのか分からない。
 古い物とはそんな不可解なものである事を認識し、相性の良いものを手に入れるしか方法がないとも言えるのではないかと思ってしまう、それが相性と言うものなのか。


続きを読む
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記