2019年06月06日

元気がない

    やっぱり赤
SANY2023.JPG
 家を建ててから、庭にはバラを植えたいと思っていたが、実際にバラを植えたのは大分経ってからの事、あちこちのバラを見学に行き、どの花が良いのか探した。
 あちらこちらのバラを見ていると、どれも良いバラに見えてみんな植えたいと、はじめはそんなことを思ってバラ選びをしていたが、園芸店で良いのを見つけた。
 店で話を聞けば簡単に育つとの事、それなら気に入った物が見つかり喜んで買い込み、庭に植えて咲くのを待ち続けたが、さっぱり花が咲かない。
 その内に虫に食われて苗はダメになってしまい、再び園芸店で話を聞くことに、すると「あのバラは病気に弱く、消毒をこまめにしなくては」と、はじめに言ってた事と違い、手間がかかると言う。

 簡単に花が咲くと言っていたのにと話せばSANY0062.JPG、「バラは消毒をやらないとダメです、常識ですが」と、そんな事ははじめて知ったし、簡単だと思ったのが甘かった。
 その後色々やったが、最後に残ったのがこのバラ、今も狭い庭で生き延びて40数年になり、今では我家の古株、他のバラも少しあるが、このバラが1番好きな花だ。
 このバラのためにアーチをこしらえたが、思うように誘引できず、アーチとは逆な方に伸びてしまい、屋根伝いに先を伸ばしたしまったから大変。
 結局バラの意志に任せて、伸びるほうに伸ばした結果、この様な状態で今盛りに花をつけて、こちらの思惑とは違った格好になったが、元気に咲いていてくれたが今年はおかしい。
 害虫には気おつけているが、敵もさるもの、綺麗に咲いた枝が下を向き、ダメになるのもしばしば、害虫との戦い中でもある、何時もなら上の写真みたいだが今年は下の写真みたいに元気がなく花もない状態である。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記