2019年06月08日

電機は弱い

   貰い受けたが

 知人が持ってきたHOゲージの気動車、SANY0070.JPG40年も前のものだと言う代物、私も記憶がある気動車でもあるので懐かしく見た。
 知人は物を整理していたらこれが出てきたが要らないから持ってきたと言う、しかし動くかどうか分からないとも付け加えた、そもそも何年も使わずにお蔵入りしていたものが、直ぐに動くとは思えないものである事は承知しているが懐かしさが先にたった。
 以前自分も持っていたから懐かしく、それを見た時に動くかどうかよりも昔に帰ったような気になっていたのでつい手が出、貰ってしまったのだ。
 妻から何でそんな古いものを貰うのかと嫌みを言われたが、確かに動くかどうかも分からないもの、しかし頭の中は懐かしいと、そして動かしてみたいとそんな思いが。
 知人が帰った後ジックリと現物を見ると、やっぱり部品が足りないようで、どれが足りないか検査をしつつ並べてみる事にした。
 すると直ぐに動力車がない事に気が付き、貰ったものを再度検査したが何処にも動力車がないので、これはやばいと心で思う。
 しかし気楽に貰った手前妻にも言えず、他の部品も慌てて探すが、やはりその他の部品もない事が分かり、改めてガッカリする事になる。

 貰ったは良いが部品は足らないし、動力車SANY0077.JPGもなく、その上コントローラーもない事に気が付き、これは大変だと改めて思う事に。
 HOゲージに詳しい友人に見て貰うために友人宅にゆくも、友人曰く「古いドイツ物のゲージ、難しいぞ」と開口一番言われてしまった。
 その上、「あんたは電気に弱いだろ」とも言われ、電気製品は長年使わなかったものは危なくて、尚且つ危険でもあるのだと言う。
 確かに私は電気に弱く理屈も分からず、修理も出来ず、そんな者が古い電気製品を貰うとはと、あきれ顔で現物を検査してくれた。
 結果は使うのは大変な事で、先ずは錆を落として通電するかを検査し、危ない所を見つけないと危険だとも付け加えた、流石にこの時大変な事だとはじめて気が付く事になる。
 友人、早速ネットでドイツ製のメルクリンを調べてくれ、「部品は手に入るが高いものに付くぞ」と忠告してくれたが仕方がない、この状態では動かす事も出来ず線路やコントローラーを手に入れる事にした。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記