2019年06月11日

招き猫のしっぽ

    見落としている
SANY8460.JPG
 招き猫、古くから愛されて来たもの、特に商売をしている方にとっては福の神、客を呼び込んでくれる大切なもの、古来より可愛がられてきたもの。
 全国各地で作られてきた招き猫、産地、産地で色々な素材があり、陶器であったり、磁器であったり、ハタマタ張子であったりと、色々なもので作られる。
 発祥についても色々、おらが町が元祖とか発祥地とか、名乗り出るところは多いが、ハッキリとした証拠も無く、持論の展開ばかりが目立つ。
 それはそれで面白いと思うが、度が過ぎると面白くも無くなり、嫌味にも見えてくるものだから、ソコソコにしたいものである。
 そんな招き猫、形も色々と作られ、一般的な招き猫は三毛猫がSANY8601.JPG主流、招き猫の元祖が三毛猫であったからと言われるが、果たしてそうだろうか。
 三毛猫は猫の中でも珍しい猫で、数が少ない事からの単なるこじ付けではないのかと思うが、三毛猫が定着しているのも現実。
 招き猫は三毛猫、これが定説としておき、猫は正面を向いて座っている形がこれまた定番、どんな招き猫でも座っているものが多い。

 そして猫の手は左か右の手を上に挙げて、招く仕草をしている事、これまた定番の形、全国的にこの形のものが招き猫の形。
 では尻尾はどちら向きに巻いているものなのか、こんな疑問を持ったことは無いだろうか、私も幾つかの招き猫を持っているが、今までに尻尾を観察したことが無かった。SANY8592.JPG
 たまたま第十八来る福招き猫祭りの展示会場で、見学者から質問されて初めて確認をしたもの、それまでは気にも留めなかったのだ。
 普段の質問は右手か何でお金だとか、左手は人招きなのは何故とかの質問ばかりだが、この時の質問に自分も一瞬答えにつまり、どう答えるのか頭の中で考えもした。
 その後、自分の持っている招き猫を全部調べる事に、一つ一つ見るたびに新しい発見が幾つかあり、今まで手の位置以外、如何に他のことは関心がなかったのだと改めて気が付く。
 100数個のコレクションを調べた結果、尻尾が左にあるものが63個、右にあるもの32個、真ん中にあるもの21個と言う結果になった。
 この事実では左に尻尾があるものの方が多いと言うことになったが、果たしてこの結果が全体の割合と合うのかどうかは分からないが、私の出した結果と違うものが出るやに思うが、手持ちの招き猫の尻尾、是非調べてみて、自分自身に確認されると面白いと思います。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記