2019年06月21日

またまた

   見つけて来た

SANY9065.JPG 何時も色々なものを探し出してくる我が家の孫、私が何処に仕舞い込んだか忘れているものを見つけて来る。
 自分では何処にしまったか記憶にないものを見つけて来るから不思議、しかし只私が忘れているだけの事か。
 そんなものを何処となく探してくるから面白く、こちらがそんな所にあったのかとビックリする事もある。
 何処に仕舞い込んだか忘れてしまい、それ自体あった事すら忘れて失われていたもの、それが見つかればうれしい。
 最近は特に物忘れがひどくなったような、つい先ほどまで手元に持っていたものまでも何処に置いたか忘れる。
 歳をとると言う事はそんなもの、誰しも経験する事と思うが、情けない気もする自分でも、さてさて記憶とは歳をとると段々と薄れるものと言う、これからもモット進むと思うが、それも仕方がない事。
 そんなおりに孫が又忘れていてものを見つけて私のもとに持って来て、「これは何だ」と言うのだが私の物でないと答えた。SANY9066.JPG

 実は見て妻のものと間違えてしまい、自分の物ではないとつい口から出てしまい、孫に告げてしまった。
 パッと見にはリップスティックと勘違いして、自分の物ではないと思ってしまったが、孫がそのキャップ外して不思議そうな顔をしている。
 その様子が気になりもう一度手に取ってみると、昔偶然見つけたライターであることを思い出した。
 長い事しまってあったのでつい忘れてしまい、孫には知らないと答えたが紛れもないあのライターであった。
 珍しい変わった色の漆塗りのライター、一見するとリップスティックのような形のもの、それも綺麗な色のものだ。
 漆塗りで細くて、小さいライターであり、ポケットに入れても嵩にならず使い勝手が良かったもの、気に入って購入し使っていたが、その後何処に行けたか忘れてしまい現在まで行方知らずであったもの。
 探してくれ孫には感謝しなければならず、忘れないように目の前の入れ物に入れたが、果たして忘れないのか不安でもある。


posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記