2019年07月03日

デリーのカレー

    昔し味そのまま

 SANY2886.JPG私がこの店と出くわしたのが40年少し前、開店が確か昭和45年頃と記憶しているが、松本へ行ったおりに偶然入った店、松本まで来てカレーかと思ったが食べる事に。
 その当時も今もそんなに店内は変わっていなくて、少し手直しをした位であり、開店当時と雰囲気も変わらず、私にとっては居心地の良い店だ。
 デリーの名がカレーに結びつき、何となく店に入ってしまう客も、私は蔵構えの建物が気に入って、デリー店内に入ったのを覚えているのだ。
 デリーのカレーは辛口のビーフと決めているから、それ以外の物は食べた事がないが、人に言わせるとチキンカレーが美味しいとも云う事だ。
 当時、店は良く流行っていて、外で並んだ記憶があり、人気が出ていた頃、カレーを食べるのに並ぶのかとは思ったが、結局並んで待った。

 忘れもしないが、席はトイレの前しかなくて、何でトイレの前で食べるのか、そSANY2890.JPGんな気持ちで待つこと暫し、カレーが出され黙々と食べ、福神漬けをかけ込んだ。
 辛口カレーはやっぱりからかったもの、福神漬けと水を飲み店を出たが、まだ店の前には人が並んでいて、この人達も根気が良い人達と思った事を覚えている。
 此処のカレーを評して色々な事を云う人が居て、「本格的カレーでない」、「家庭料理のカレー」とか、「遠くから来てガッカリ」とか、口の悪いのは「何処がインドカレーか」とか色々云う。
 長年創業以来、味も変えず、値段も安くて家庭的のカレーを出し続ける事が、如何に難しいか分かる人だけでよい、デリーのカレーはそんな人達が愛するカレーだ。
 今時流行りのカレー屋とは、一味も二味も違うカレー、この良さが分からない人は、別のカレー屋に行くことをお勧めするが、変わらぬ味が分かる人は是非どおぞ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記