2019年07月05日

時計の小物

   愛好家は数多い

 古時計を蒐集している人は多く存在し、時計愛好家と呼ばれSANY0151.JPGているが、全部が全部時計を集めている訳ではなく、時計に関する物も集めている、それが時計本体ではなく、「写真であったり」、「カタログであったり」、はたまた「絵であったり」と蒐集している物が千差万別、人其々に違う。
 私の知り合いは絵専門、浮世絵から絵画まで時計が描かれていれば、片っ端から集め、その数は計り知れない位にあると思うが、本人は場所を取らないからこれが1番良いと言う、故障もしなければ、修理の必要もない便利な物だと、確かに故障はしない。
 まして古時計みたいに置く所や掛ける所を必要としないもの、幾らあってもハァイルでき、場所も取らないと豪語するが、それはそれで楽しいと思う。
 これだけが時計愛好家ではなく、時計の小物を集めている人も多いと聞く、時計の小物も数多く、何時の時代のものを集めるかそれにもよるのだが古いものを集めようとすると中々大変で、探すのにも一苦労、喩えあったとしても程度が、古いものだからそれ相当の痛みもあるのだ。

 特に陶器で出来ている物やガラスのものは特に痛みがあり、カンピンを探す事は労力の要ること、だからやりがいがあると言う人も多く、この陶器やガラスで出来た時計の小物、外国製が多くドールハウス用の小物、子供の遊ぶドールハウス用に作られたものが多い。SANY0169.JPG
 勿論これだけではなく装飾用に造られた物も多く存在、そしてその大きさも千差万別、特に小さい物の方が好まれているよう、そしてもう1つが実用向きに作られたもの、例えばトレーなど紅茶の時使用するために作られたもの、ティーパックを取り出して置くもの。
 特にイギリスで多く使用されていたようで、イギリスにはこの手のものが多く、手に入れやすい小物の1つ、時代が古いと中々難しくなる。
 そしてもう1つが小物を入れる道具としてのトレー、鍵であったり、カフスであったり、小銭であったりと実用向きにつくられの物だ。
 写真のトレーはイギリスもの、時代は大分古くて100年は経っていると思うが、手書きで描かれた花模様が美しいトレーで、小さな時計はドールハウス用の時計の小物、良く造られており、全て手描きのもの、細かなところも良く描かれている時計小物だ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記