2019年07月10日

金時計

    高嶺の花

SANY2874.JPG
 明治時代の紳士の憧れと言えば金時計、ステータスシンボルとして1番、背広のポケットからチラリと見える金時計、男の憧れでもあったもの。
 西洋時計の中一番人気、懐中時計の中でもやっぱり金時計、当時懐中時計を持つのも大変な事、大枚をはたいて買わなければイケない。
 西洋時計でも柱時計は懐中時計と比べれば月とスッポン位の違い、柱時計でも高いのに金時計となると、それは財産でもあるのだ。
 そんな時代の金時計、そんなに簡単に手に入る代物ではなく、一部の特権階級のもの、一般庶民の持てるものではなかった。
 それ故に憧れていたのは当たり前、何時かは自分も持ちたいと願ってはいたが、持てる見込みの無い時計でもあったのが金時計。
 SANY2881.JPGこの頃の懐中時計、スイス製やアメリカ製のものが多く入ってきたが、普通の金時計の値段はどれ位していたのか、そんな疑問を持って調べてみた。

 明治34年の吉沼商店のカタログを見ると、金時計が真っ先に載せてあり、ちなみに1番安い金時計で十八型のものが、安いもので百円、高い物で四百五十円。
 これだけでは比較にならないから、当時の柱時計が幾らしていたか、八角の10インチで3円五拾銭から、この時の普通のサラリーマンの給料が七円位であった由。
 そんな時代に安いものでも百円もする金時計、如何に高い代物であったか、1年分の給料でも買えない値段、ただ憧れるだけの時計であることが分かる。
 安い金時計でも1年半の給料分、ましてや四百五十円とはべら棒の値段、憧れを通り越して、夢見たいの代物であることに違いない。
 SANY2897.JPG写真はアメリカ製、ウォルサム社十八型の金時計、程度の良い物であり、機械もそんなに使っていない物だ、写真では錆びているように見えるが錆ではない。
 文字盤にニュウなどの障害は無く、綺麗な状態のもの、ガラスにも傷はないものだから尚更見栄えがする時計、今でも当時の輝きを保っている。
 この金時計を胸元から出して時間を見る姿は、まさに金持ちといった風情、当時の男供が憧れていたのが分かる、そんな風情がある時計。
 この手の金時計は案外多く残っているようで、今でも探せば手に入るが、当時の値段と思えば、今の値段はさほど高くは無い、明治時代の男共が憧れていた時計、高嶺の花であった時計が、今では簡単に手に入るとは、時代も変わったものだと思うが。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 古時計よもやま話