2019年07月30日

ロレックス

    何故か人気がない

 ロレックスの時計、今一番人気な時計、特に腕時計しかもブラックの時計、高価でありながら若者に絶大に支持を受けている時計だ。SANY6549.JPG
 私もロレックスは好きだが、人気のものではなく手巻きの時計が好きで、幾つか持ってはいるが使用はせず、お蔵入りの状況だ。 何故かと言えば、今までに良く壊して、修理代が高く付いてしまい、其れ以来使用せず保管状態、頑丈な自動巻きであればこんな事はない。
 私の持っているものは本体が薄くて、ブレス調の時計がおも、だから壊れやすくて使わないが、では何で持っているのかと言えば、機械が好きだから。
 ロレックスの機械は力強さが伝わってくる感じのもの、他の時計の機械と比べれば、それらしき感じるのは私だけかも知れない。
 しかし、あの機械を見ていると職人気質が表れているような、そんな気になってしまい、ツイツイ見とれてしまう事もあり、それが又良いのだと思う。
 
そんなロレックスの懐中時計、写真のものだが、あまり程度が良く無いもの、それでも見つけたのだからツイツイ買い込んでしまった。
 どう云う訳か、ロレックスの懐中時計、今一人気が無いもので、何で人気が無いのか分からないが、アンティークショップに出ていても売れていない。SANY6555.JPG
 私が良く通ったショップでも、何時行ってもガラスケースの中に納まっていて、売れていないのだが、ショップのオーナーに聞いても、「何でだろう、売れないね」と首をかしげる。

 腕時計は今や若者の人気は絶大、何処のショップでもひっぱり凧で、商品が追いつかないという、その一方懐中時計は何時までもカラスケースの中。
 中々売れないのだが、原因は分からないのだと言う事、実用的でない事が一番の原因なのかとも言うが、それだけではないと思う。
 このロレックスの懐中時計、1920年代のものと思うが程度は良くないので、売れ残っていたのを私が買い込んだよう、「残り物には福がある」の喩えが通用するのか。
 裏蓋を開ければロレックス特有の、あの頑丈の中にも繊細さがあり、やっぱりロレックスの機械だと思わせるが、何で売れないのかやっぱり不思議。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アンティーク