2019年08月03日

毎月が勝負

    話題が色々と

 毎月連載している小さな蕾、今回で69回となるが長い様で短い期間であDSCN0599.JPGったよう、はじめた頃はそんなに苦労しなかった。
 もっとも長く続くとは思っていなかったし、さしあたって1年やれば良いと、簡単に思って引き受けたのだが、次々と原稿が進むうちに、次第に文章が出てこなくなり、同じような文章になり出し、これではいけないと思う。
 簡単に引き受けてしまった事を次第に、「気楽に引き受けた事に後悔しだし」とつぶやくようになり、それは自分が簡単に考えていた事、短い文章であり、そんなに苦労する事もないし、1か月ごとだからと思っていた。
 しかしやって見ると次第に事の重大さに気が付き、読者がいる事にプレッシャーが募り出し、何時の間にか文章が出てこない事に。
 短い文章で簡略的に伝える文章をと思うが、それがなかなか出てこなDSCN0602.JPGくて、次第に焦り出す事になるのだが、一つの時計について事細かく書けばよいのだが、短い文章でしかも分かり易くとなると、これが意外と難しい事になる。
 専門的な事を書けば簡単と思っていた時は良かったが、読者は時計に関しては素人、そんな人達に分かるようにと思うと、やはり文章が出てこない。

 そんな事を思い出したら、ぴたりと文章が出てこなくなり、その先が進まなくなったしまい、どうしたら良いかと思い出す、すると益々出てこなくなり、時間が迫ってくれば尚更な事、早く書かなければ締め切りに間に合わなSANY0469.JPGいと焦り出す。
 幾らでも時計の事だから簡単に書けると思っていた自分、しかしそんなに簡単ではない事に気付きだし、これで良いのかと何回も書き直す事に。
 書き直せばするほど益々ダメに、こんな事は夢にも思っていなかった事に、小説家とは大したものだと思い出す事に。
 何であんなに簡単に文章が出て来るのか、それも専門的な事がすらすらと、それに引き換え自分は全く出てこないから。
 当たり前だが私は小説家でも専門職でもない只の人、そんな自分が書けるはずもないとつくづく思うように。
 その上、同じ文章にならない様にと思えば思うほど、良く似た文章になるから不思議、これも素人のなせることなのか。
 そんな思いで6年が過ぎてしまったが、今思うと、これで良かったのかそんな事を思いつつ原稿を書いている。




posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記