2019年08月04日

堀田版時計絵図

    色々な人物が

DSCN0295.JPG 堀田版時計絵図、人気の版画であり古時計愛好家から信頼を集めているもの、多くの人が一つは所有している版画である。
 私も知人から紹介て貰いか鈴多くの版画を所有し、その都度展示会に展示していたが、その度に是非とも譲って欲しいと懇願された。
 愛好家からは伊藤深水のものが良いと評判で、深水の版画の前でこれが欲しいと懇願させ、結果は譲る羽目になってしまった。
 そんな事で深水の版画は数が激減、今は数点のみとなり、逆に之では展示に差し支えると、又探し出す事になってしまった。
 その時は懇願され、断るのに必死であったが、押しの一手で来られ、結局は根負けして譲る事に、それも買値よりもはるかに安く。
DSCN0298.JPG
 何でそんな事になったのかと言えば、会場では多くの人が居るために、金銭の事は余りしたくないので、結果はその様になってしまう。
 自分なりに情けないと思うが、それもなんかの縁と思い、自分でも若い頃はそんな事をしていた記憶があり、気持ちも分かるからだと思う。
 堀田版は伊藤深水のほか、金森や川上、そして神崎などの先生が手掛けられたものが、時代と共に作者も変化して行った様だ。

 私の一番好きな物は和時計が背後になる、伊藤深水の版画とフランス人形が描かれたもの、深水の力量が一杯あふれたもの。
 やはり堀田版の絵図は深水物が一番、特に芸者の艶やかさが飛び抜けて良いもの、量産品とは思えないほどの出来だ。DSCN0297.JPG
 今回の版画は昭和59年の版画、神崎温順画伯の版画、西洋の時計売り、肩に担いで時計を村々に売り歩く姿を版画にしたもの。
 この姿の時計商は色々に人が描き、色々に文献にも見にする事があるが、その人その人の描き方が違う、そこが面白い所でもある。
 実際にはどけだけの時計を担いで行商していたのか、重い時計であるから、そんなに多くの時計を担いで歩けないと思う。
 昔の人は良く歩いて村々を回っていたと思う、それしか交通の手段がなかったからだとしても、大変な仕事であったろうと思うが。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記