2019年08月09日

うどん

      日本3大うどん

SANY7992.JPG 麺類には拘りがあり、自分好みの麺を求めて全国食べ歩いた事も、行く先々のご当地麺の美味しい所を探しながら、兎に角良く回ったものだ。
 その多くは蕎麦が主体で、蕎麦の美味しい所を求めて北から南と、そんな訳で大抵の全国のそばを食べ歩いたと思っているが、日本はまだまだ広いもの。
 まだ食べていない蕎麦が多くあると思っているのだが、これからもそれを求めて食べ歩きたいもの、美味しい蕎麦は何処に行けば良いのか。
 蕎麦の歴史は中々難しくて、私の知っている限りでは木曽の定勝寺の古文書による、戦国時代のものが現在の時点で最も古いものだと思う。
 寺の改修時に蕎麦切りを振舞ったと書かれた古文書、これが現在確認されている蕎麦切りの事実を伝えた証拠、この辺りが蕎麦切りの発祥の証しだと言う事。
 その他の地域のものは、言い伝えだけのシッカリとした立証に基づいたものではない事から、木曽地方が蕎麦切りの発祥地とされている。
 この木曽から信州北部へと蕎麦切りは伝わり、信州が蕎麦切りの盛んな地域となり、その後全国に伝わり、現在のような全国的に蕎麦が食べられる事となる。

 一方、うどんもまた中国より伝わった食べ物と云われ、僧侶によって広められたとも言われるが、色々な説も存在しており、発祥地も数々ある。
 日本3大うどんとは、讃岐うどん、名古屋のきしめん、秋田の稲庭うどん、この三つが日本の3大うどんと呼ばれているもの、
 今回の稲庭うどん、秋田湯沢で作られたうどん、その歴史は1600SANY7994.JPG年代に遡ると言われ、古くから作られてきたようだが、一般の食べ物ではなかったとも言われ、上流階級のものであった。
 一般に食べられるようになったのは明治に入ってからとも云われるが、その歴史はやっぱり古いもの、油を使わない乾麺であり、うどんの中に空気を含ませる独特の製造方法。
 一子相伝の秘伝で製造されたうどんだと云うが、その喉越しは滑らかと腰の強いうどんで、1度食べると止み付きになる美味しさ、良く角館で食べたものだった。
 讃岐うどんとも違い、少し細い面、冷麦よりは太いが、やっぱりあの感触は冷麦とも違うもの、稲庭うどん独特の腰と味、何時食べても旨いうどんである。
 稲庭うどんの特徴は柔らかいが腰があり、何とも言えないあの喉越しにあると言って良いが、あれはうどんの中に空気の層が入れてあり、茹で上がった後の喉越しにも影響を及ぼすのだと言う。









posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記