2019年08月12日

盆踊り

    今年も始まった

 SANY0286.JPGこの地域の盆踊り大会がまた始まり、夕方から聞こえてくる太鼓の音、暑い風に乗って聞こえて来る。
 暑い日中から少し涼しくなる夕方、盆踊り大会がはじまるのだが、人が多く集まればやっぱり暑い、それを吹き飛ばすような太鼓の音、何故かしらこの音を聞くと涼しく思えるのは不思議、心が浮き立つためだろうか。
 人の心に響く太鼓の音、この太鼓の音は何で心に響くものだろうか、やっぱり不思議なもの、しかし心は躍る太鼓の音とは、そんな気にしてくれるものなのか、あのリズムがその様にさせるもの、それが太鼓だと思う。
 盆踊りと言えば櫓、高い櫓を組み、その上で太鼓をたたく、これが盆踊りのスタイル、そして重要なのは提灯、祭りと言えば太鼓と提灯、二つとも祭りには欠かせないものであり、どちらか一つ欠けても雰囲気が台無し。
 盆踊りと太鼓ね櫓と提灯、あとは紅白の垂れ幕があれば最高の会場となるのだと思う、昔から伝わってきたスタイル。

 日本全国で盆踊りはこの時期盛んに行われるが、これも先祖の霊を迎え、庶民が踊りを踊った事に始まる。SANY1663.JPG
 盆踊りの起源は色々な説が言われているが、盆踊りは一般庶民の楽しみでもあったようで、藩主もこの盆踊りを奨励したと言われる。
 庶民が不満を持たないようにと、捌け口の一環として盆踊りを利用して、不満を和らげたとも言われる。
 盆踊りとして大規模なものは岐阜県郡上の盆踊りが有名、その規模と人出は他地域を圧倒しているのだ、その規模はやっぱり日本一、兎に角人が多く数万人と、誰でも参加できること、それを助ける人々が多くいる事、哀愁にみちた郡上節は藩主自ら庶民と楽しんだとも言われ、それを現代まで受け継がれているのだ。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記