2019年08月14日

蕎麦回想

   郡上の平甚

 何回も出て来るがこSANY0612.JPGこ平甚との付き合いは非常に長くて、私が大学時代すでに通っていたから少なくとも50年以上になると思うが、それ以上かもしれない。
 スキー場に行く途中立ち寄っていたから、やはり大分昔の事になり、半世紀を過ぎているのだと思うと長い。
 まだ先々代が生きていたと思うが、確か頑固な親父である有名な陶芸家か訪れた際にも、順番は順番と店の外で待たせた事も、どんな有名人であろうが客として来れば順番に従ってもらう、他の客とは区別しないのも頑固親父の所以であるのだ。
 確か私が最初に行った時も、店頭の狭い蕎麦打ち場で蕎麦を作っていたと思うが、確かに頑固親父であった。
 先代とは店にある逆さ時計の話で盛り上がり、何度となく親父と時計を譲れと話を繰り返したものだが、結果は未だに手に入っていない。

 そんな親父が進めたのは以外にも蕎麦がき、親父曰く「昔の人は、この蕎麦がきを食べていた」と言う、今我々が食べている蕎麦の姿は江戸時代に入ってからだとも言うが、そんな頑固親父の勧めで、ここに来るときは蕎麦がきを食べる事にしている。SANY1021.JPG
 蕎麦がきは器の中に茹で汁をはり、湯の中に浮いているかの様な状態、この蕎麦掻を知らない人は不思議そうに見る時もある。
 わけの分からないものが出て来たかのようなそぶり、一緒に行った友人でも「なんだこれ」と聞いたくらいだ、しかしこの蕎麦がき、出し汁につけて食べると旨い、もっちりとして歯ごたえもよく、食べ進むにつれて蕎麦の味が深く、それに一人前と言うが、何だか蕎麦切りよりも量は多いようで、腹にドッシリト来るので、ざる蕎麦を食べてから、こいつを食べれば腹持ちもよい。
 平甚といえば蕎麦がき、頑固親父のおすすめの逸品だと思うが、なかなか蕎麦がきを注文する人がいないのだ、郡上の平甚に行ったなら絶対に蕎麦がきを食べることをお勧めするもので、一度食べたら蕎麦のおいしさが一番良く分かると思う。
 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記