2019年08月20日

今年は失敗

   緑のカーテン

 毎年行っている緑のカーテン、エコ対策の一環として始めたものだSANY0666.JPGが、去年は大成功して暑い夏を乗り切り10月まで頑張ってくれた。
 ここ3年は順調に活躍してくれ、暑い日差しを遮りエコ対策に一役も、二役も役割を果たしてくれたもの、暑さ対策の強い味方でもあった。
 今までに色々なものを緑のカーテンとしてきたが現在植えてあるものが一番長持ちし、暑さも遮って役割を果たしてくれた。
 7月の中頃より活躍しはじめ9月末まで葉っぱを茂らせることに成功、この種類の植物が一番長持ちする種類、今までに何種類の植物を植えたが9月末まで持たなかった。
 朝顔、ゴーヤ、などを試してみたが9月末まで葉っぱを茂らせることは出来ず、残暑に対処せず熱い思いもしたのだ。
 日除けには様々なものが発売されており、ホームセンターに行けば色々なものが展示してあるが、一長一短でそれぞれであると思う。
 勿論葦簀もその最右翼でもあったが、緑のカーテン採用してからは見た目も涼しく、実用的で効果は抜群、何よりも見た目に緑の葉は良い。
 幾ら涼しくても見た目が悪いと採用する事に躊躇し、やはり見た目も重要な判断理由になり、植物が一番最適なものだと思う。

 今年は去年に引き続き猛暑だと言われ、早い時SANY0675.JPG期より暑い日が続いたので、何時もより早くに植え付けを開始、少し早いとは思っていたが、植え付けてしまった。
 そんな事で7月初めから勢いよく葉を伸ばし去年よりも早く日差しを遮って来たが、心配していた通り葉っぱが散り始め出した。
 まだ8月半ばこんな状態では残暑厳しいこれから、とても9月末までは持たない様に思われ、心配が現実になって来た様だ。
 去年の今頃は威勢よく葉っぱを茂らせており、まだまだ先が上に伸びようとしていたが、今年はすでに葉っぱが落ちかけているから去年とは大違い。
 6月末に暑さで焦ってしまい早々と植え付けをしてしまったから、結果は現在のような状態になってしまったと思われる。
 この状態では後何日持つものなのか、まだまだ暑い日が続くが果たして何処まで持ちこたえられるのか心配である。
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記