2019年09月13日

中秋の名月

    月  見

 中秋、まだ暑いこの頃、暦の上では秋半ばとなっていSANY0922.JPGるが、新暦になってから一ヶ月も季節が早くなったしまい、秋半ばと言われてもピンとこない。
 暦の上では今日9月13日が中秋(なかあき)、字の如く秋の真ん中と言う事、少し季節感がずれている事もあり、ピンと来ない人も多いだろう。
 昔からこの月のこの日の月を中秋の名月と言う、十五夜の中でも、最も美しい月が見れるのは今日、天気が良ければ美しい月が出るはず。
 昔からこの月を詠ったうたは数多く、色々な人が中秋の名月を称えている。

   月 月 に  月 見 る 月 は 多 け れ ど  月 見 る 月 は  こ の 月 の 月

   名 月 や  池 を め ぐ り て  夜 も す が ら

   名 月 や  取 っ て く れ ろ と  泣 く 子 か な

 日本人は昔から自然を愛し、自然に親しみ、自然と同居してSANY0936.JPGきたもの、特に月にたいする感覚は別もの、もの悲しい秋の代名詞であった。
 平安の昔は池に写った月をめでたらしく、池に船を浮かべて静かに鑑賞したと言われ、これが1番の月見であったとの事、今と大分違うものだ。
 また、1日早い月を待宵(まつよい)と言い、十五日は名月、その次の日は十六夜(いざよい)と言ったが、どの月も美しい表現であった。
 この日に曇りで月が見えない時の表現は「無月」とあらわし、雨が降ったときは「雨月」とあらわして、その時の状態をあらわしたもの。
 この様に日本人は繊細に月を上手くあらわして来たが、果たして今日は上手く月が見えるであろうか、統計では60パーセントの確立だそう。
 しかし現代の子供達はこの中秋の名月、どの様に感じているのもなのか、若い親たちが知らなければ子供にも伝わらないのだが、果たしてこれからも伝わって行くのだろうか。
 月見団子をお供えして、静かに月を観賞するのも良いものではないだろうか、天気が良ければ満月の美しい月が見られると思う。

 
posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記