2019年11月21日

白熱灯

   暗くないか

 SANY9870.JPG我が家にやって来る友人は家の明かりが暗いと言う、自分の家は明るいからここへ来ると暗いと感じるのだと言うのだ。
 確かに我が家は他の家よりも暗いと思うが、それは蛍光灯ではなく白熱灯を使用しているからだと、あえて白熱灯を使用しているのだ。
 蛍光灯の冷たい光は性に合わないから、私はあえて白熱灯を使用しているから、そのせいで友人は暗いと感じるのだと思う。
 勿論世の中に逆行している事は百も承知しており、他の友人からも何故白熱灯を止めないのかと何時も言われてはいる。
 今白熱灯を使っている家は極端に少ないと、ましてや震災以後電力消費問題は深刻、消費電力削減に努力しなければ。
 それも承知の上、別に意地を張っている訳ではなく、その後は白熱灯に近い蛍光灯を使用はしているが、今普及しているLEDは使用していない。
 そんな訳で友人たちは我が家に来ると暗い、暗いとわざと言うので、公式事例のように受け取ってはいるが嫌みでもある。

 彼らに言わせれば何で暗い電球を使うのか信SANY9863.JPGじられないとも言うが、あの明るいLEDや蛍光灯は好きになれないだけの事、確かに電気代は少しは高く付く事になるがあの明るさはやはり好きになれない。
 しかし最近になって白熱灯は市場から消え、今使っている蛍光灯も姿を消しつつある現実、手に入れるのに苦労する。
 今使っているものを見つけるとその場で買い求めるようにしており、大分ストックは溜まって来たようである。
 それを見た友人たちは「お前は何で意地を張るのか」と嫌みを言うが、LEDなどの光が嫌いなだけの事、ほんのりとした明かりが好きで使っているから。
 部屋の明かりを必要以上に明るくする今の照明は嫌なだけ、別にそんなに明るくなくても生活は出来ると思うが。

posted by kodokei at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記